京太郎「あのー、えりさん?」

えり「何かしら、京太郎君?」

京太郎「一体なぜそんなにお怒りなのでしょうか・・・・・・?」

えり「今日はバレンタインです。私も女の子の端くれとして朝は胸をときめかせていました」

京太郎「女の子って年じゃ・・・・・・ひぃっ、なんでもありません!」

えり「コホン・・・・・・ところが一日仕事で汗を流して帰ってきてみれば」チラッ

チョコの山「」ドッサリ

えり「この浮気者! そんなに若い女の子が好きなの!?」

京太郎「ええー!? か、勘違いです! これ全部義理です! 義理に決まってます! 
       俺なんかがこんなに本命もらえるはずがないでしょうが!」

えり(この天然タラシ・・・・・・女の敵ね)

えり「はぁ・・・・・・」

京太郎「それに・・・・・・」ダキッ

えり「あっ」

京太郎「俺が心から貰いたいチョコは一つだけですよ」

えり「・・・・・・ズルいわ。京太郎君はやっぱりズルい」

京太郎「えー、事実を言っただけなのに・・・・・・じゃあどうすれば許していただけますか、お姫様?」

えり「・・・・・・それじゃあ、今度の休みは一日私に付き合ってください。それでチャラにしてあげる」

京太郎「はは、了解です」

えり「・・・・・・拗ねたりなんかしてごめんなさい、面倒くさい女だって幻滅されても仕方ないわね」

京太郎「幻滅だなんて、そんな」

えり「でも私は不安なの。私なんかより若くて可愛い子や綺麗な子はいくらでもいる。
   自分に自信がないの、あなたを繋ぎとめられる自信が・・・・・・美人アナが聞いて呆れるわね」

京太郎「・・・・・・・・・・・・。それじゃあ、俺を信じてください」

京太郎「えりさんがえりさんを信じられないなら、えりさんのことを世界で一番大好きな俺を信じてください

えり「京太郎君・・・・・・」

京太郎「それに大丈夫ですよ、俺みたいな甲斐性なしを好きでいてくれる人なんてえりさんだけですから。ハハハ」

えり「はぁ・・・・・・自分に自身をもてない何ていったばかりの私が言うのもあれだけど、あなたはもう少し自分に自信を持つべきね」

京太郎「あっ・・・・・・日付、いつの間にか変わっちゃってましたね」

えり「いいのよ、確かにバレンタインデーにチョコを渡せなかったのは残念だけれどね」

京太郎「そうですか? でもえりさんのチョコは欲しいのでください! 日付なんて関係ないですから!」

えり「ふふ、待っててね。今上げるから」


バレンタインなんかに頼らなくったって、私のことを愛してくれている人がいるんだもの。
あなたと一緒にいられるだけで私は満足なの。あなたもそうであってほしい・・・・・・なんて思うのは欲張りかしら。

えり「はい、目を閉じて口あけて」

京太郎「こうですか? あー」

チュッ

チョコ味の口付け・・・・・・気に入ってくれたかしら。京太郎君?


カンッ