怜「須賀君ー」グデー

京太郎「はいはい、何ですか?」

怜「今日バレンタインやろ?これあげるわ」スッ

京太郎「ありがとうございます」

怜「なんてチョコのように甘いで」ヒョイ

京太郎「」スカ

怜「そらウチからのプレゼントをタダでもらえるなんて虫がええ話やわ」ケラケラ

京太郎「だからってフェイントはひどいじゃないですか…」

怜「せやな…ウチからのお願い、叶えてくれるんやったらあげるわ」

京太郎「……あんまり無茶は言わないでくださいね?」

怜「まあ須賀君次第やな……じゃあ言おか」

京太郎(さて…どんな難題がくるか)

怜「………私は須賀君が好きです。もし付き合ってくれるならこのチョコをもらってください」スッ

京太郎「……え?」

怜「…」

京太郎「………頂きますね」ヒョイ

怜「…ホンマに?」

京太郎「もちろん。さて、ホワイトデーのお返しを考えないと」

怜「旅行!旅行がいい!」

京太郎「旅行かぁ…荷物が多くなりますね」

怜「」ニコニコ

怜「…」ハッ

怜「荷物ってウチのことかーっ!」ポカポカ

京太郎「いたっ、そんなこと一言も言ってないじゃないですか!」

怜「うるさーい!」ポカポカ


カンッ!