京太郎「うーっす」

優希「あ、京太郎遅いじぇ! まったく今日に限ってなんで……って、その大量の荷物、なんだ?」

京太郎「なにって、チョコだよ」

優希「ち、チョコ?」

優希(あ、ありえないじぇ! 確かに京太郎はカッコよくて、逞しくて、優しくて気が利いて、
    ちょっとえっちだけど紳士で、モテるにはモテるだろうけど、あの量はおかしい!)

京太郎「元部長、お届け物ですよ」

久「なんか、いちいち“元”って付けられるのもなんとなく腹立つわ」

京太郎「今は染谷先輩が部長ですからね。それに、そんなイライラが吹っ飛ぶぐらいの糖分がこちらに……」

優希(あ、なんだ元部長のか……よかった……)

京太郎「それと、和にも届いてるぞ」

和「え、私にもですか?」

京太郎「さすがに元部長ほどはないけどな」

和「まぁ、頂いておきます」

咲「ねぇ京ちゃん、私には?」

京太郎「は? あるわけないだろう」

咲「そう……インターハイ頑張ったんだけどなぁ……」

和「咲さん、頂いたの一緒に食べましょ? 一人では食べきれないですし」

久「私のも勝手に取っていっていいわよ」

咲「二人とも、ありがと……」

咲(別にチョコが食べたいからってわけじゃないんだけどなぁ)

和「で、残りの袋は?」

京太郎「お、気になるか? 聞いちゃうか?」

和「あ、いいです」

京太郎「じ・つ・は、俺が貰ったチョコで~す!」

優希「え……」

京太郎「いやぁ、モテ期っての? とうとう来たかなって」

和「そうですか」

京太郎「あれ? いつもならSOAのあとに罵倒が飛んてくるのに」

和「須賀くんなら、おとなしくしてれば、それなりにモテるでしょ? チョコ貰うぐらい、ありえますよ」

京太郎「そ、そうなのか?」

和「さあ?」

京太郎「テキトー言っただけかよ……ま、チョコ貰ったのは事実だしな!」

まこ「おや、わしが最後か」

京太郎「あ、染谷先輩部長!」

まこ「部長か先輩かどっちかにせえ。なんじゃ浮かれとるの。なら浮かれついでに、ほれ、チョコやるわ」

京太郎「あ、ありがとうございます!」

咲「あ、私も。はい京ちゃん」

京太郎「おお、咲まで! ありがとな!」

和「……私もです」

京太郎「ありがとう。あと謝るから咲からのチョコに手をかけないでくれ」

久「私からもはい」

京太郎「ありがとうございます。そしてごめんなさい、同じクラスのF子さん」

優希(チャンスだじぇ! この流れなら……)

優希「き、京太郎! わ、私も……」

京太郎「え、優希も!?」

優希「う、うん。今までのお礼も込めて、その、頑張ってつくったんだじぇ。受け取って、くれる?」

京太郎「優希……ありがとうな!」

優希「お、おぅ……///」

咲「にしても結構貰ったね京ちゃん」

京太郎「ああ。つっても、ほとんど義理だし」

久「てことは幾つか本命があったってことよね? どんな娘?」

京太郎「実は一個だけ、これは本命だなってわかるやつがあるんですけど、差出人も書いてなくて……」

久「え、うそ!? ちゃんと書いたはずよ!」

久以外「え?」

久「……あっ」

カンッ!