――――朝

セーラ「お、おい京太郎!」

京太郎「なんです先輩?」

セーラ「こ、これ……///」

京太郎「……え、まさか、セーラ先輩が!?」

セーラ「ばっ、ちが! ああ、いや、違うことないねんけど……あーもう! とにかく貰っとけ! じゃあな!」

京太郎「あ、先輩!」

壁|泉「……」

――――昼

浩子「どう?」

京太郎「これ美味しいですよ先輩! どこで買ったんですか?」

浩子「あ、いや、一応手作りなんやけど……」

京太郎「マジですか!? いや、そこらの売りもんよりも断然こっちのが美味しいですよ!」

浩子「お、おおきに……///」

扉|泉「…………」

――――放課後

怜「京太郎、チョコやるでー」

京太郎「うわーありがとーございますー」

京太郎(わざわざKitKatにリボン結んで……)

竜華「京くん、ウチのも貰ってー」

京太郎「ありがとうございます! 家宝にして一生大事にしますッ!!」

竜華「いや、早めに食べてな?」

怜(……こっちのが良かったんかなぁ?)ブラックサンダーボリボリ…

物陰|泉「………………」

――――部活後

京太郎「さて、部室の掃除も終わったし帰るか」

泉「……須賀くん」

京太郎「あれ、どうした二条? 先輩たちもうとっくに帰ったぞ」

泉「これ、貰ってくれますか?」

京太郎「ああ、ありがとう」

泉「じゃ、明日、その……待ってますから!」

京太郎「え、あ、ちょっと……なんだ待ってるって? 味の感想?」

京太郎「……開けてみよ」ガサガサ…スッ…

京太郎「これ、手紙?」

泉『須賀くんは直接だと勘違いしそうなんで、手紙にして言います。このチョコは本命です。
    好きです。付き合って下さい。明日、返事待ってます。 二条泉』

京太郎「……」

――――翌日

京太郎「二条」

泉「は、はい」

京太郎「ごめん」

泉「……あ、え、あぁ、あの」ポロ…

京太郎「今は、二条の気持ちに応えられない」

泉「そう……ですか……」

京太郎「ひと月だけ、待っててくれ」

泉「え……?」

京太郎「俺は二条のことが好きだ。でも伝える勇気がなかったんだ」

京太郎「だから昨日、もしチョコがもらえるようなら、ホワイトデーにお返しと一緒に、気持ちを伝えようって思ってた」

京太郎「情けないよな……でも、こんな情けない奴でも、好きでいてくれるなら……」

京太郎「今度は、俺からお前に、告白させて下さい」

泉「……ひと月だけ、ですからね? ひと月だけ、待ってあげます。だから、心変わりなんてしたら、嫌ですよ?」