照「明日はバレンタイン」

照「愛しの京ちゃんの為に高級チョコを買ってきたけど…」

パクッ

照「このチョコ相当美味しい…」

パクッ

照「あ…!いけない…このままだと全部食べてしまう…」

照「京ちゃんにあげる分が無くなっちゃう…」

照「でも、これ本当美味いし、まだ食べたい…」

照「………そうだ!」


――バレンタイン当日――


照「…あ!京ちゃん」

京太郎「あ、照さん。おはようございます」

照「おはよう。実は京ちゃんに渡したいものがあるんだけど…」

京太郎「はい。何ですか?」

照「これっ…チョコレート…!」

京太郎「(照さんの手にあるのは…間違いない…○ディバのチョコだ!)そっか、今日はバレンタイン…照さん、ありがとうございます!」

照「う、うん…//それでさ…昨日味見をしたんだけど、このチョコ、私好みの味でもあるんだ」

京太郎「お菓子通の照さんがいうなら、間違いなく美味しいんでしょうね!」

照「そのまま京ちゃんにあげちゃったら、私がもう食べれない」

照「だからさ…」

パクッ

京太郎「え…?(照さん、チョコを俺にくれるんじゃなかったのかな…?)」

照「やっぱり美味しい」

京太郎「あはは…まあ照さんが嬉しそうで何よりです…」

照「はい、京ちゃんどうぞ」

京太郎「(あれ…?なんか照さんの顔が近付いて来て)」

照「…口移しなら私も京ちゃんも食べられる//」

京太郎「…Oh」

カンッ