照「咲がバレンタインデーだから京ちゃんにチョコを渡すって言ってたんだけど、私はどうしたらいいんだろ……?教えて菫ぇ……」

菫「いきなりなんの話だ…。しかもそれは普通人に聞くのではなくて自分で考えろ……」

菫「それにこの私にそんな縁の無い話をされても困る。そんな話題は他のやつにしろ」

照「だって誠子はあてにならなさそうだし……尭深は興味無さそうだし……私が頼れるのは菫しかいない…………」

菫「淡がいるだろう!そんなことを私に聞くな!もしくは京太郎にでも聞きに行ってこい!」

照「…………淡も京ちゃんにチョコを渡すから…………って今、菫、京ちゃんのことを『京太郎』って呼ばなかった?」ジトー

菫「!!き、気のせいだっ…!」

照「ほんとに……?」

菫「あ、あぁ……!」

照「……まぁ、今はいいよ。そんなことより私が京ちゃんにどうやってチョコを渡すかが問題なんだよ」

菫「普通に市販のチョコでは駄目なのか?」

照「市販のものじゃ私から溢れでる京ちゃんへの愛が伝わらない。それに……」

菫「それに?」

照「………渡すまでに我慢できる気がしない」キリッ

菫「………………無理だ、諦めろ」

照「投げるの早い……もうちょっと頑張って欲しい……」

菫「私がどうにかできるレベルをゆうに越えている。だから諦めろといっているんだ」

照「諦めれたら菫になんて頼ってない…………これだから菫は……」ハァ……

菫「ポンコツのお前にだけは言われたくないわ!!」

照「ぽ、ポンコツじゃないやい……!」

照「もういい……!菫には頼らない!私が一人でどうにかしてやる……!」ダダダッ

菫「……はぁ…ようやく行ったか……。京太郎は京太郎で今年もチョコがたくさん送られてきて大変なんだろうな」

菫「まぁ私もその中の一人なんだがな……」スッ…

今年こそはいい返事を期待しているよ。
愛しの『京ちゃん』

※そのあと照が京ちゃんに一服盛ったり、菫さんがポンコツの仲間入りをするのは別の話である。