ネリー「キョウタロ! 早く早く!」

京太郎「んな慌てんなって。転ぶぞ」

ネリー「平気だもーん」

ネリー「んー」キョロキョロ

ネリー「あ! ねーねーこれ可愛くない?」

京太郎「なんだ、アクセサリー? お前にはまだこういうのは早くないか」

ネリー「むー、そーゆー子供扱い好きくない」

京太郎「大体それ値段はいくらす、」ガクッ

ネリー「わわっ!? キョウタロ、大丈夫?」

京太郎「はっ!? 一瞬気を失ってた」

ネリー「いきなり膝を突いてどうしたの? ついに私を崇拝する気になった?」

京太郎「どこにそんな兆しがあった!?」

京太郎「ゼロが4つだと? いいかゼロが4つ以上は俺やお前の幻覚だ」

京太郎「万が一にも5つ以上のものを見つけても直視するな。それは異世界の呪いのアイテムだ見るだけで毒で死ぬぞ」

ネリー「う、うん……」

京太郎「そうか。よく聞き分けてくれた、ネリーは良い子だな」ナデナデ

ネリー「えへへ」

京太郎「そうだ。アイス食べるか? 買ってやるぞ」

ネリー「ホント!? あ、う……ううん。いい」

京太郎「どうした? いつものネリー・ヴィルセラーゼなら金とか奢りとかには即座に飛び付くのに」

ネリー「いいの。今日はおねだりしません」

京太郎「えらい真人間になったな。人格改造でもされたか?」

ネリー「あのね。サトハが言ってたんだけどね」

京太郎「辻垣内先輩?」

ネリー「うん。あんまりキョウタロにお金出させるのはよくないって、そういうのはたいとーな男女の付き合い方じゃないって」

京太郎「なるほど」

京太郎「確かに辻垣内先輩の言葉はもっともだ」

京太郎「けどまぁ、うん。さっきはああ言ったけど多少の出費は男の甲斐性だ」

京太郎「だから多少はさ、なぁ?」

ネリー「でも……」

京太郎「あ、あーなんか俺急にアイス食べたくなってきたわー。でも男が一人でアイス買いにいくのはなー」

京太郎「誰か付き合ってくれる女の子いないかなー?」

ネリー「あ、えと、あの……じゃあ」オズオズ

京太郎「お! 付き合ってくれるか」

ネリー「も、もう! しょうがないなキョウタロは!」

京太郎「お前に言われたかねぇよ!」

ネリー「あ! そうだ、あのね。手、繋いでいい?」

京太郎「ん? ああ、ほら」

ネリー「ん……」ギュゥ

ネリー「えへへ」

京太郎「んじゃ、いくか」

ネリー「私トリプル!」

京太郎「ちったぁ遠慮しろ!」

ネリー「キョウタロ」

京太郎「あん?」

ネリー「大好きだよ!」


カン!