きょーたろー「なぁ、おまえってここのいえのこなの?」

きょーこ「そーやけど……きみだれなん?」

きょーたろー「おれはすがきょーたろー、きょうからこのいえにひっこしてきたんだ!」

きょーこ「ふぅん……じゃあきょうからおとなりさんなんや」

きょーたろー「そんなことより、おまえのなまえおしえてよ!」

きょーこ「おまえってしつれいやな……まぁええわ、うちはすえはらきょうこっていうねん」

きょーたろー「へー、おんなじきょーなかまだな」

きょーこ「せやな……あとたぶん、きみよりうちはとしうえやとおもうで」

きょーたろー「そうなのか? まぁいいや、これからよろしくな、きょーちゃん」

きょーこ「きょーちゃん?」キョトン

きょーたろー「きょーこだからきょーちゃんな、よばれたことないの?」

きょーこ「あだなとかはじめてや……せや、じゃあうちもきみのこときょーちゃんってよんだるわ」

きょーたろー「やめろよ、ちゃんっておんなのこみたいじゃんか」

きょーこ「さきにゆうたのはきみやんか」

きょーたろー「うーん……まぁいいか、なぁきょーちゃん! ここらへんのあそびばおしえてくれよ!」

きょーこ「しゃあないなぁ、じゃあきんじょにこうえんがあるからあんないしたるわ」

きょーたろー「さんきゅ!あと、これからよろしくな……きょーちゃん!」ニッ

きょーこ「う、うん……それじゃいこか………きょーちゃん」ニコッ


時は現代ッ!


京太郎「……とまぁ、末原先輩との出会いはそんな感じだったんですよ」

由子「なんだかとてもロマンチックなのよー」

洋榎「なんやそういう事やったんか、入学式で恭子が知らん一年とイチャコラしてたときはびっくらこいたわ!」フゥー

恭子「いちゃ……! す、須賀くんとはそういう関係やないんや、いたってクリーンな友達関係というか……!」

由子「あれ? 須賀くんのこと京ちゃんってよばへんの?」

恭子「が、学校ではお互い先輩後輩関係を通すって決めて……」

洋榎「恭子、ここ学校ちゃうやん」

恭子「うっ!」

由子「付け加えるならどこにでもあるファストフード店なのよー」

恭子「うぅ……!」

京太郎「末原先輩、もう俺のこと京ちゃんって呼ばないんですか?」

恭子「べ、別にそこまで言うてへんやん」

京太郎「……俺、恭ちゃんにまた京ちゃんって呼ばれたいな」

恭子「あうっ///」ドキッ

洋榎「きょーこぉ、これはもう覚悟決めるしかあらへんなぁ?」

由子「女は度胸なのよー」

恭子「うぅ……きょ、京ちゃん?」

京太郎「なに、恭ちゃん?」ニコー

恭子「〜〜っ!!///」ガタッ

洋榎「恭子? どないした…」

恭子「っ!!!///」ピューン

洋榎「逃げた!?」

由子「凄いスピードなのよー」

京太郎「あぁ……またか、最近恭ちゃんって呼ぶとすぐに逃げるんだよなぁ」ハァ…

洋榎「恋愛はおろかファッションにすら興味を持たんあの恭子をあそこまで辱しめるとは……意外にやるやんガースー!!」

京太郎「その言い方は誤解がある!!!」


カン!