京太郎「哩さん!」

哩「おう、京太郎やっか。で、なん?」

京太郎「貴女のすばらな太股に惚れました!是非とも膝枕をしてください!!」

哩「……わいさ、私ば舐めとっと?」

京太郎「いえ、舐めてません!太股をペロペロしたいとは思ってますが!」

哩「はぁ……変態」

京太郎「はい!俺は哩さんの前では変態です!」

哩「そうや……で、なんやったっけ?膝枕やったか?」

京太郎「はい!膝枕を是非!一度だけでいいんです!」

哩「う〜ん……どげんすーかなー……一回願いば叶えたら調子乗って
    何回もねだってきそうな気のするし……そいばってん、京太郎は悪い奴じゃなかしなぁ……」

京太郎「哩さん。これ、文明堂のカステラです」つ カステラ

哩「私は福沙屋派ばってんが……まあ、お菓子ばもろうた以上はせんばやろうなぁ…」

京太郎「本当ですか!?」

哩「うん、今回一回きりぞ?(ストンッ)ほら、よかぞ」ポンポン

京太郎「では失礼します(トスッ)うぅむ……柔らかく、程よい弾力もあるまさにすばらな太股ですな…!」

哩「なんか恥ずかしかなぁ…///」

京太郎「どれ、パンツはどんなの穿いてるのかな?」ピラッ

哩「お、おい!やめろ!見るな!////」オサエ

京太郎「ま、まさか……穿いてな……!!」

哩「うぅ……////」カァァーッ

京太郎「う……うおお!哩さーん!」ガバッ

哩「きゃあっ!」ドサッ

京太郎「…気持ちいい事しましょうか」

哩「…………うん…////」