桃子「ねえ、きょーさん」

京太郎「どうした?」

桃子「きょーさん、きょーさん」

京太郎「ん?どうしたんだモモ?」

桃子「きょーさんが初めて見つけてくれたときのことですけど」

桃子「きょーさんは私をどうやって見つけたっすか」

京太郎「そりゃあ、そんな立派なおもちが……ってヤベ」

京太郎「ち、違うんだモモ。なんと言うかだな……その」

桃子「どーりで話してくれなかったわけですか」

京太郎「いや、その……あはははは」

桃子「笑ってもごまかされないっす」

桃子「きょーさんのエッチ、変態、幻滅っす」

京太郎「ごめんなさい」

桃子「クスッ」

京太郎「……モモ?」

桃子「いや、おもち大好きなきょーさんなら私がまたみえなくなっても」

桃子「そのおもちレーダーで探し出してくれそうだなって」

桃子「そう考えたら可笑しくなってきたっす」

京太郎「…………それはようございました」

桃子「もしかしたらきょーさんもステルスを使えるかも」

桃子「ほら、最近は影が薄いし」

京太郎「おいばかやめろ」

京太郎「でも使えたら使えたでいいかもな」

京太郎「誰にも気づかれずに雑用をコンプリート、とかもおもしろそうだ」

桃子「……確かにそうっすね」

桃子「でも私の前でそれを言うとはどれだけデリカシーないっすか」

京太郎「あー、それはすまん……でも話をふったのはモモだぞ」

桃子「それもそうっすね」

桃子「でもお仕置きっす」

京太郎「ぐぇっ、ちょ、ヘッドロックはやめろ胸当たってるって」

桃子「ほほぉ、さすがのきょーさんも余裕がないっすか」

桃子「普段おもちおもち言ってるわりには初心っすねえ」

京太郎「うっさい、嫁入り前の娘っ子がはしたないぞ」

桃子「……あんたは私のお父さんっすか」

京太郎「でも本当にステルス体質があったら麻雀部にはいないかもな」

桃子「どうしてっすか」

京太郎「ほら、俺たちが入部したのって加治木先輩のおかげだろ」

京太郎「校内まわってて通りかかったところで誘われなかったとしたら、さ」

京太郎「たぶんここにはいないだろうからな」

桃子「あー、あれは酷かったっす」

桃子「まさか麻雀初心者のきょーさんにとばされるとは考慮してなかったっす……」

京太郎「おう、あの時のダブル役満で衝撃受けて入部したからなあ」

桃子「ビギナーズラックだったもんでいまじゃ鳴かず飛ばずっすけど」

京太郎「それはいわない約束のはずだろ!」

桃子「あ、でもとんではいるから鳴かずとび……」

京太郎「はいはいわかったわかった話をもどそうお願いだから、ね?」

桃子「えー」

京太郎「えー」

京太郎「で、本題に戻るとだ。ステルスだったらここにいなかったわけでな」

桃子「まあそーっすね」

京太郎「案外ばら色の高校生活を楽しんでいたり!」

桃子「四畳半神話大系的なオチしか見えないっす」

京太郎「いいだろう!思うくらいさあ!」

桃子「じゃあ五百歩ほど譲ってばら色の生活をきょーさんが送れると仮定して」

京太郎「……五百歩も譲ったのに仮定なんだな」

桃子「これでも譲歩してるっす」

桃子「そうですね……バスケ部、とかどうっすか?」

京太郎「バスケ部か……確かに俺のタッパとステルスの組み合わせはいいかもな」

京太郎「こう、姿を消してボールを奪い、ゴールにシュートッてな具合で」

桃子「似たようなものを週刊誌で見たような気が……」

京太郎「気にすんな。でもこればら色っぽいな」

桃子「ばら色っぽいっすね」

桃子「スタメンじゃなきゃ意味ないっすけど」

京太郎「うぐっ」

桃子「でもその時はだれが私を見つけてくれるっすか?」

桃子「薄情なきょーさんはバスケで忙しいでしょ?」

京太郎「加治木先輩じゃないか?教室の入り口で、こう」

京太郎「”君がほしい!”とか叫んでみたり」

桃子「ノーウェイ、ノーウ……いや、唐突にやりかねないような気がしてきたっす」

京太郎「……俺もだ。でも加治木先輩ならしかたないと思う俺もいる」

桃子「きょーさんよりも精神的にはるかにイケメンっすからね」

京太郎「そもそもあの人に勝てる男子高生はなかなかいないと思うぞ」

桃子「自慢の先輩っす!」

京太郎「そうだな」

京太郎「うわ、雨が降ってきたな。そろそろ帰ろうぜ」

桃子「傘は持ってるっすか」

京太郎「午後は100%って言ってたしな。持ってこないやつとかいないだろ」

桃子「…………」

京太郎「もしいたら常識無いかよほどの間抜けだな」

桃子「……………………」

京太郎「そうだろモモ……っておいおいまさかおまえ」

桃子「じょーしきなくて、まぬけのポンコツで悪かったっすねぇきょーさんや」

京太郎「べ、弁明を。弁明をさせてくれっ!それにポンコツとは一言も……」

桃子「もんどーむよーっす!」


京太郎「あのさ、モモ」

桃子「…………」

京太郎「怒るのはわかってる。知らなかったとはいえモモに失礼なことを言った」

桃子「…………」

京太郎「傘を返せとは言わない。いっしょにいれてくれるだけで俺は十分だ」

桃子「…………」

京太郎「だからさ、あの、その……もうちょっとだけつめてもらっても」

桃子「敗者は勝者に従えっす」

京太郎「アッハイ」

桃子「ねえ、きょーさんきょーさん」

京太郎「ん?どうしたんだモモ?」

桃子「もし私のステルス体質がひどくなって」

京太郎「うん」

桃子「先輩や友達にもわからなくなって」

京太郎「…うん」

桃子「カメラぐらいでしかわからなくて、声もとどかないほどになってしまったら」

京太郎「……うん」

桃子「それでも……それでもきょーさんは私を見つけてくれるっすか?」

京太郎「………………」

桃子「…………そう、っすよね。やっぱり無理なもんは無理っす!」

桃子「だ、だから今のは忘れてほし……」

京太郎「……モモ、おまえ実はバカだろ」

桃子「ば、ばかってなんすか。人が真剣に話を……」

京太郎「そこがバカだって言ってんだよ」

京太郎「いいか?お前の心配するようなことは絶対に起きない。その理由は3つだ」

京太郎「1つめはそうなるまで俺がおまえを放っておかないことだ」

京太郎「おまえにそんなことがあったら医者だの神社だのまわって絶対に治してみせるぜ?」

京太郎「いやがってもふんじばって連れていくからな」

桃子「で、でも治らなかったら……」

京太郎「だから2つめの理由。俺はな、お前が想像してる以上に自分の幼馴染を大切におもってるんだぜ?」

京太郎「もし見失うようなことがあったとしても草の根かき分けてでも見つけてやるさ。」

京太郎「お前が見えていても見えなくても。どんな場所にいようとも、な」

桃子「……そうっすか」

桃子「じゃあ約束っすよ?土壇場で”やっぱやめた”なんて無しっすよ?」

京太郎「当たり前だ!この男京太郎に二言はない!」

桃子「ふふっ、じゃあ絶対っすよ?私の王子さま」

京太郎「もちろんですよお姫さま」

桃子「なんか恥ずかしいっすね………」

京太郎「うっさい、一番恥ずかしいのは俺だ!」

桃子「あ、そうそう」

京太郎「どうした?」

桃子「結局2つしか言ってなかったなあって」

京太郎「……うぐっ」

桃子「3つめはなんだったんすか?教えてほしいっす」

京太郎「……いや、その、あのだな、モモ」

桃子「なんですか?」

京太郎「………怒らない?」

桃子「どうして怒る必要があるんすか?ほら、はやく」

京太郎「……そのな、あれだよあれ」

桃子「あれってなんですか。もったいぶらずに教えてほしいっす」

京太郎「おもち」

桃子「はいっ?」

京太郎「だからおもちだよおもち!胸のことだよ!」

京太郎「おまえが見えなくてもおもちを当ててくれればすぐわかるってな…アハ、アハハハ」

桃子「笑ってもごまかされないっすよ!」

桃子「きょーさんの助平!最低!おもちソムリエ!」

京太郎「申し訳ございません」

桃子「ちょっとでもかっこいいと思った自分が悔しいっす!私の純情を返してほしいっす!」

京太郎「まじですいませんでした!反省してます!」

桃子「…………」

京太郎「…………」

桃子「くふふふっ」

京太郎「あはははっ」

京太郎「雨もすっかり止んだな」

桃子「そうっすねー」

桃子「…………でももうちょっと降っていてほしかったかも」

京太郎「どうした?」

桃子「いやー、私の胸しか触ったことのないであろうきょーさんが本当に私だとわかるのかなー、と」

京太郎「あ、あたりまえだ!俺はおもちマイスターだぜ?そりゃあもう触りまくりに決まってんだろ!」

桃子「真っ赤っすよ、顔。それに揉むじゃなくて触るって言うあたりきょーさんは本当に初心だなあ」

京太郎「うるせーよさっさと帰るぞ」

桃子「私の揉むっすか?」

京太郎「い、いらねーからそんなのまじでいらねーから」

桃子「かわいいっすねえ、きょーさんは」

京太郎「男にかわいいとかいうな!」

桃子「きょーたろー!」

京太郎「どうした?モモ」

桃子「だーいすきっすよ!」

カンッ!