「―――ください、起きて下さい」

はやり「むにゃ?」

京太郎「もうお昼ですよ」

はやり「あ゙ー……は、はややっ☆ お日様さんさん、今日も元気に―――」

京太郎「遅いですって」

はやり「ぬぐっ」

京太郎「まだ余裕はありますけど、そろそろ準備した方がいいですよ」

はやり「はーい」

京太郎「……なんかはやりさん、テカテカしてません?」

はやり「えっ? やだっ、そんな肌が綺麗だなんて」

京太郎「いや、そういう訳じゃ……昨晩何してました?」

はやり「えっ、昨晩? ええと、ええと……」

京太郎「まあそこに横たわってる缶を見れば想像出来ますけど」

はやり「やだあ、京太郎君のえっち☆」

京太郎「何がえっちですか。お酒、控えた方がいいですよ」

はやり「ぷー、京太郎君のケチンボ」プクー

京太郎「ん? このビデオカメラ、どうしたんですか?」ヒョイ

はやり「えっ? うーん、何だったっけ……」

京太郎「今日持っていきましょうか。記録撮るために」

はやり「ええと、うーんと」

京太郎「これ、今のテープは何が……」カチッ

はやり「あっ、思い出した☆ ってえ、ちょっと待てぇえ!!!!」

京太郎「えっ」

『オイルすごぉい、あはは、全身つるつる! 全身つるつるだよぉ!!』

『ラー油混ぜちゃえラー油! あーもう全身油まみれ、ピチピチ! ピチピチ!』

『鏡、鏡。んほぉしゅごい、上から下からつるっつるのピカピカ! あっそうだ、毛』ポチッ

京太郎「……」

はやり「……京太郎君」

京太郎「ミテナイッスナニモミテナイッス」

はやり「お前もオイル塗れにしてやろぉかあ!!!!」

京太郎「キャー!!!!」

後日京太郎はオイル塗れとなって発見された。
カンッ