玄「おもちを揉ませて下さい!」

霞「フンッ!」ドゴォ

玄「うぼあああ!!」ドサッ

京太郎「く、玄さん!?」

「あうぅ……」

霞「貴方達、もう帰りなさい。そちらの方はもう立てないでしょうから貴方がおぶっていくんですよ」

京太郎「なに……!?霞さん、貴女玄さんを舐めてますね。いいでしょう!
       見せてあげますよ!玄さんが無敵のハンターだという事を!」

京太郎「鉄の玄ちゃん 無敵玄ちゃん♪」

玄(ビヨヨ〜ン)

玄・京太郎「鉄の玄ちゃん 無敵玄ちゃん♪」

京太郎「はっはっはっはっ!どうですか!見ましたか!無敵の英雄、それが!」

玄「松実玄ちゃんだよ!」ビシッ

霞「ぬぅん!」ドゴォ

玄「げろぱぁぁぁぁ!!」ドサッ

京太郎「はっはっはっ!何度やっても無駄ですよ!玄さんは無敵なんです!テヘッ☆」

玄「あは……あはは……」

京太郎「鉄の玄ちゃん (ビヨヨ〜ン)無敵玄ちゃん♪」

霞「おうりゃあ!!」ドゴォ

玄「ぶるあああ!!」ドサッ

京太郎「何度でも腹パンするがいいです!玄さんはびくともしませんよ!」

京太郎「鉄の玄ちゃん 無敵玄ちゃん 鉄の玄ちゃん 無敵玄ちゃん♪」

玄「待って……京太郎君…。私は無敵じゃないんだよ……ただの弱い女の子ですのだ……」

霞「………もう帰りなさい。今なら罰も何もなしで帰しますから」

玄「(スクッ)そうだね!もう帰ろうよ、京太郎君!」

京太郎「えっ?でもいいんですか?おもちを揉まなくて」

玄「相手がタダで帰すって言ってるんだよ!帰ろうよ!ほら、私のお腹を見て!(コンニチワ)ほらこんなに真っ赤!ね?帰ろう?」

京太郎「むぅ……仕方ないですね……。また来ます!では!」スタスタ

霞「もう来んな」

カンッ