京太郎「ツンデレ?」

和「はい、なにやら一昔前の言葉みたいなんですけど…」

咲「確かに聞いたことあるような…」

京太郎「どんな意味なんだ?」

咲「えっと意味までは覚えてないなぁ…」

京太郎「まったく…肝心なとこで役に立たないな」

咲「なによっ!」プクー

京太郎「えいっ!」ツン

咲「ふにゃぁ…」プシュー

和「ツンとしたなかにデレがあるって意味らしいですけど…どういうことでしょうか?」

京太郎「甘酢か何かか?」

咲「私甘酢って好きじゃないなぁ…」

和「そうなんですか? あげた鶏肉とかと合わせると最高なのに…」

京太郎(あの胸は鶏肉で育てられたのか…)ジーッ

和「…視線わかってますからね」ジトー

京太郎「はっ!?」ビクッ

咲「京ちゃん…」

咲(私ももう少しあったらなぁ…)ペタペタ

京太郎「どうかしたか?」

咲「なんでもないもん!」プイッ

和「それより話がそれてますよ」

京太郎「なんか食べ物の話してたらお腹すいたな…学食でタコス買ってくる」

咲「あっ、私にはメロンパンお願い」

和「私はアンパンでお願いします」

京太郎「おう! ちょっくら行ってくるぜ!」タタッ

咲「…何の疑問も持たず私たちの分も買いに行ったね」

和「…京太郎くんばかりに雑用させてしまったことをかわいそうに思います」

咲「えっとそれで…ツンデレの意味だっけ?」

和「はい、ツンとしたなかにデレがある…」

咲「ツンとしたもの…わさび?」

京太郎「食べ物から離れよう、さっきと同じことになるから」

和「ツンって言葉はなにか尖ったような感じがしますね…」

咲「あっ、言われてみればそんな感じするよっ!」

京太郎「ツンはそうだと仮定して…じゃあデレはなんだろうな?」

咲「なんか私はドロッとした感じのように思うけど…?」

京太郎「それだとツンドロでいいんじゃないか?」

和「デレの意味ですか…難しいですね…」

咲「思いつかないなぁ…」

京太郎「もっとよく考えろよ…」グリグリ

咲「もうっ! ちゃんと考えてるよっ!」クルッ

京太郎「えっ…」ザクッ

和「あっ…」

咲「ごっ…ごめんなさいっ!」ズボッ

和「咲さんのツンと尖ったホーンが京太郎くんに刺さって…」

京太郎「そのホーンに俺の血がデレッと滴っていて…」

咲「なるほど…これがツンデレだねっ!」

京太郎「ぎゃああぁぁあぁぁぁっっ」プシャー

和「きゃーっ! 血が出てます! すごい量ですよ!」

咲「おおお落ち着いて保健室に…」

和「いえ! この出血量は…すぐ救急車を!」

京太郎「あは…あはは…」プルプル

咲「京ちゃん!」

京太郎「せめて死ぬ前に…和のおもちを…揉みたかったぜ…」

和「揉んでいいです! いくらでも揉んでいいですからっ!」

京太郎「うっ…」ガクッ

咲&和『京ちゃ−ん! / 京太郎くーん!』

カン!