京太郎「好きです!付き合って下さい!」

一「返事する前に聞いていい?僕のどこが好きなの?」

京太郎「可愛いところとか」

一「僕より衣や透華の方が可愛いと思うよ?」

京太郎「メイド服がよく似合うところとか」

一「それなら歩もだね」

京太郎「頼りがいあるし」

一「純君とか透華とかも頼りがいあるよ」

京太郎「その謙虚な態度も好きです」

一「えっと、謙虚……いない…」

京太郎「とにかく一さんが好きなんです!付き合って下さい!」

一「その……///えっと……///ほ、本当言うと僕も君の事……/////でも、僕なんかでいいの…?」

京太郎「一さんでいいんじゃありません!一さんがいいんです!」

一「う…///よく恥ずかしげもなく言えるね……」

京太郎「本心ですから!」

一「分かったよ、君の気持ちは。いいよ、付き合ってあげるよ」

京太郎「ありがとうございます!めっちゃ嬉しいです!」

一「……ねえ、ちょっといいかな?」クイクイ

京太郎「なんですか?」

一「これから宜しくね」チュッ