\お疲れ様でしたー!!/

哩「京太郎!」

京太郎「白水先輩。何かご用ですか?」

哩「わい今日暇?」

京太郎「はい、暇ですけど…」

哩「おお、やったら今からうち来ん?佐賀のよか日本酒の手に入ったっさねー」

京太郎「先輩、俺達未成年…」

哩「日本酒が入ったってのは冗談。いや今日は両親のおらんけんさ、一人じゃ寂しかなーって思ってね。」

京太郎「え…いいんですか?一応俺も男ですよ?」

哩「私はわいにやったら別に襲われても……」

京太郎「…はっ?」

哩「ああ、いやいやわいが変な事せんって信用しとるけんね。で、どげんすっとや?来る?」

京太郎「あ、ああはい。行きます」

…………
………
……

哩「よーし、着いたぞー。遠慮せず入れー」

京太郎「はい、お邪魔します」

哩「まあとりあえず居間に行こうか」テコテコ

京太郎「はい」ドタドタ

哩「こけ座っとって。お茶持ってくっけん」テコテコ

京太郎「あ、はい」

…………

哩「お茶持ってきた…っとっとっと!」バシャッ

京太郎「うわっと!?うひゃー!ぐしょ濡れになっちまったぜ」ビショビショ

哩「ご、ごめん!大丈夫!?」

京太郎「あ、はい大丈夫です」

哩「ごめん!今から着替え用意すっけん、風呂入っとって」

京太郎「いやぁ、そこまでは…」

哩「風邪引かれたら困っけんさ。な?」

京太郎「じゃ、じゃあお借りします」ドタドタ

…………

チャポーン

京太郎「ふぅ……意外と白水先輩もドジするんだなぁ……」

ガララッ

哩「湯加減はどうや?」

京太郎「うわわ!?なんで入ってきてるんですか!?」

哩「よかやっか、バスタオル着けとっとやっけん。あっと」ハラリッ

京太郎「ちょっ!?バスタオル!うわっ!うわっ!///」ササッ

哩「別よかぞ、じっくりと見ても……」

京太郎「いやいや!隠して下さいよ!早く!///」

哩「……なぁ、京太郎。もしかして私の事嫌っとる?」

京太郎「好きです!好きですから早くバスタオルを!///」

哩「良かった……なら問題なかな。京太郎、私もわいの事、好いとっばい…///」

京太郎「は、はい…!?」

哩「世界で一番、京太郎が好き…///」

京太郎「お、俺もです!///」

哩「…うん。二人とも裸やし、二人きりやし、好き合っとる事やし……エッチか事ばしようか」チュッ

京太郎「…はい…///」






ちなみにお茶溢したのもバスタオル落としたのも実はわざと