キーンコーンカーンコーン

豊音「(ガラッ)京太郎くーん!お昼ご飯一緒に食べようよー!」

京太郎「…来たか」

クラスメイト「ここのところ毎日来るなーあの先輩。付き合ってるの?」

京太郎「いや、付き合ってないよ。どちらかと言うと…」

豊音「京太郎くーん!早く早くー!」

クラスメイト「…その話は後で聞くわ。グッドラック」

京太郎「…ああ」スタスタ

豊音「あ、京太郎君!今日は屋上で食べようよー」

京太郎「ええ、そうしましょうか……」

…………

………

豊音「えへへー、今日は京太郎君のためにお弁当作ってきたんだよー」

京太郎「いえ、俺は持ってきたのを食べますので」

豊音「(ジワッ)食べてくれないのー…?」

京太郎「二つは流石に食べきれませんので」

豊音「……」ジーッ

京太郎「…分かりました、姉帯先輩の弁当もいただきます」

豊音「(パァッ)ほんとー?ちょーうれしーよー」ニコニコ

京太郎「まずは自分のから食べます…よ……」

豊音「……」ジーッ

京太郎「……姉帯先輩の方から先にいただきます」

豊音「っ!」ニコーッ

京太郎「まずは卵焼きから」

豊音「どうかなー?口に合うかなー?」ジロジロ

京太郎「まだ食べてないですよ……まあいいや」ヒョイパクッ

豊音「……」ジーッ

京太郎「………」モグモグ

豊音「……」ジーッ

京太郎「……お、美味しいです」

豊音「ほんとー?良かったー!」ニコーッ

京太郎「次は唐揚げ食べてみよう」ヒョイ

豊音「……」ジーッ

京太郎「…そんなに見つめられると食べにくいんですけど」

豊音「あ、ごめんねー!気にしなくていいよー!」ブンブン

京太郎「はぁ……(パクッ)…美味いです」

豊音「ほんとー?やったー!」ニパーッ

京太郎「今だ!」ガツガツ

豊音「あ、ああーっ!!」

京太郎「ご馳走さまでした。美味しかったですよ」

豊音「(ジワッ)ひ……酷いよー!ろくに味見もせずに食べられたよー!」エグッエグッ

京太郎「ご、ごめんなさい!ちょっとやり過ぎました!」

豊音「酷いよー!今度デートしてくれないと許さないよー!」エグッエグッ

京太郎「わ、分かりました!じゃあ今度の日曜日ですね!」

豊音「分かったよー、それで許すよー」グスッグスッ

京太郎「はっ!?しまった……ハメられた……」ズーン

豊音「えへへー、今度の日曜日デートしようねー」

京太郎「ぐっ…!分かりました…」

豊音「えへへー、楽しみだなー」

京太郎「誰か助けて……」