京太郎「スカートめくりイン風越!」

京太郎「最初のターゲットは未春さんで行こう」ソロリソロリ

未春「ふんふんふ~ん♪」

京太郎「せいや!」ガバッ

未春「きゃあ!?」

京太郎「おお…赤だ」

未春「もう…須賀君!こんな子供みたいな事しちゃ駄目だよ!」

京太郎「へい、もうしませ~ん」

…………

京太郎「次は文堂さんだな」ソロリソロリ

星夏「………」テクテク

京太郎「おりゃあ!」ガバッ

星夏「お前人間じゃねえ!」

京太郎「タケシのバックプリントだと……」

星夏「…やめてください……///」

京太郎「すみません!では!」ぴゅー!

…………

京太郎「次は……深堀さんかぁ……」ソロリソロリ

純代「……」ドムーンドムーン

京太郎「ほあちゃー!」ガバッ

純代「むう…!?」

京太郎「白と黒の縞々……いかん、トラウマになりそうだ……」

純代「このスケベ!お仕置きが必要みたいだな!」

京太郎「おぇ…逃げるか……」ドヒューン!

…………

京太郎「次は池田先輩か」ソロリソロリ

華菜「だし!だし!だしだしだし!にゃー!」

京太郎「フンハッ!」ガバッ

華菜「にゃー!?」

京太郎「猫のバックプリントか。まあ予想通りだな」

華菜「何するし!?華菜ちゃん怒ったし!」

京太郎「さて、逃げるか」シュバッ

華菜「忍者!?」

…………

京太郎「次はお待ちかねの福路キャプテンだな」ソロリソロリ

美穂子「……」

京太郎「とりゃっ!」ガバッ

美穂子「いやん!」

京太郎「おお…純白…!感動した」

美穂子「…須賀君」

京太郎「は、はい!」

美穂子「そんなにパンツが見たいのですか?」

京太郎「え……あ、いえ……」

美穂子「いいですよ、須賀君にならいくらでも見せてあげます…///……これでいいですか…?///」たくし上げ

京太郎「うおおっ…!なんというエロス…!!それでいて、なんと美しい事か……」

美穂子「恥ずかしいけど……大好きな人のためだもの…///これくらい我慢しなきゃ……///」

京太郎「…えっ?今大好きって……」

美穂子「あっ…!い、いえ!これはその…うぅっ…///」

京太郎「…俺も大好きです、福路さんの事」

美穂子「ほ、本当ですか…!?」

京太郎「はい!あの、付き合って下さい!」

美穂子「(ニコッ)……はい!宜しくお願いします」