京太郎「ん…?あれは…」

智葉「…」スタスタ

京太郎「おーい、智葉さ」ピタッ

京太郎(待てよ?ここは後ろから抱きついて驚かすってのも…そうと決まれば…)コソコソ

………

智葉「…!」

京太郎「…」ソローリソローリ

智葉(この気配は…)

京太郎「さっ!とっ!はっ!さー」「ふん!」ズボォ「ゲハァッ!?」

智葉「…ふむ、やはり京太郎か」

京太郎「ふ、振り返りざまの貫手は…アカン…」ピクピク

智葉「知らないやつがいきなり飛びかかってきたら誰でも迎撃するだろう?」

京太郎「いや…俺って、解ってましたよね…やはりって言ってたし…」コヒュー コヒュー

智葉「…私にだっていたずらをしてみたいときはあるさ」フイッ

京太郎「か、加減を…考えて」パタッ

………

京太郎「…ほぁっ!?」ビクッ

智葉「ん?ようやく目を覚ましたか」

京太郎「…あ、そういえば俺気絶してたんでしたっけ…」

智葉「すまないな。ただのいたずらで気絶させてしまって」ナデナデ

京太郎「いや、まああのメンバーではいつものことではある気がしますが…この状況はまさか」

智葉「膝枕だが」

京太郎「…俺、命取られたりしませんよね?」

智葉「いきなり何を言い出すかお前は」ピシッ

京太郎「いてっ…いや、おれの人生上良いことがあると決まってそれ以上の不幸に見舞われてましたから…正直不安で」

智葉「私の貫手は不幸にはいらないのか?」

京太郎「あんなもん…タンスに小指ぶつけたレベルっすよ…」

智葉「痛みによる気絶が不幸ですらない人生とはいったい何なんだ…」

京太郎「まあそれは置いといて…大分回復してきたんでそろそろ」

智葉「…まあ待て」グッ

京太郎「へっ?」

智葉「お前の人生ではこの後不幸が待っているんだろう?ならばもう少しくらい幸せを味わっていても構わんさ」ナデナデ

京太郎「…なんか喜んでたりします?」

智葉「ふふふ、別に京太郎に私の膝枕が幸せだと言われて嬉しくなっているわけではないぞ?」ナデナデ

京太郎「ツンとは言えないそれは何デレって言うんですかね?」

智葉「さあな」ナデナデ

京太郎「…あともう少しだけ、お願いできます?」

智葉「お安いご用だ」ナデナデ