京太郎「ちわーっす」ガラガラ

竜華「おっ、京太郎君早いな」ナデナデ

怜「んー…」

京太郎「今日も膝枕ですか」

怜「当たり前や。こちとら遊びで膝枕やってるんやない」

竜華「何やのそれ」

京太郎「膝枕…ねえ」

竜華「えっ。ど、どうしたの京太郎君」

怜「何やしゃあないな、京太郎になら貸してあげてもええで」

竜華「ちょっ、怜! そんな勝手に…!」

京太郎「いえ、ちょっと思うところがありまして」

怜「何や?」

竜華「人の話聞き…」

京太郎「今日やたら寒いじゃないですか。それでですね、手がかじかんでるから温めようと手を太ももの下に置いたんです」

怜「あー、あるある」

竜華「何の話なん?」

京太郎「それでですね…膝枕で、『顔を太ももの下に挟んだら温かいんじゃね』、そう考えた訳です!」

竜華「…アホなん?」

怜「…天才やったか」

京太郎「という訳で、お願いします、竜華さん!」

竜華「する訳ないやろ、そんなこと!」

怜「ええやないの竜華、可愛い後輩労ってやり」

竜華「労うことになるんかな、これ?」

京太郎「オナシャス!」


竜華「じゃ、じゃあ上から乗るで…」

京太郎「はい、どうぞ!」

竜華「見えてへん? 目え閉じといてや…うう、恥ずかしい。何でこんなことに」

京太郎「大丈夫ですよ、ねえ怜さん!」

怜「うん、ちゃんと閉じとるで」

竜華「うう…じゃあ」フニ

竜華「ひゃん!」ビクッ

京太郎(鼻にやわらかいものが…)

怜「どうしたん、竜華?」

竜華「冷たくて…」

怜「それくらい我慢しいや。すぐに温かくなる、便座みたいに」

京太郎「お、俺便座?」

竜華「最近の便座は温かいやろ…」

京太郎「べ、便座以下?」

竜華「じゃあまたいくで? …んっ」フニ

京太郎(ふと、もも! ダイレクト!)

怜「竜華、もっと深く腰かけえ」

竜華「えっ、それ大丈夫なん? 京太郎君の顔が…」

怜「大丈夫、京太郎もそれを望んどるはずや」

竜華「じゃ、じゃあ体重かけるで」ググ…

京太郎(ああ、温かい…そして柔らか、あれっ、ちょっ圧力、ふともも圧が…!)ムググ

怜「!? 竜華ストップ! 京太郎が!」

竜華「ええっ、やっぱり!?」

京太郎「…」チーン

怜「京太郎、京太郎!?」

京太郎「怜さん…ふとももは…」

怜「何や!」

京太郎「ふとももは…人生」ガクッ

怜「京太郎ーっ!!」

竜華「何やのこれ!」  

カンッ