京太郎「ふぁーあ!」ガタッファサ

京太郎「お、下駄箱に手紙が……もしやラブレターか!?」拾い

京太郎「(キョロキョロ)とりあえず教室に持っていくか」ソソクサ

…………

京太郎「さてさて~、内容は~っと」カサカサ

『須賀京太郎君へ 今日の放課後、正門で待ってます』

京太郎「うほっ!来た!ラブレター来た!」

咲「京ちゃん何やってるの~?」

京太郎「(ガタタッ)いや、何でもない!何でもないよ~!」

咲「怪しい」

京太郎「そ、そうか?(キーンコーンカーンコーン)お、チャイム鳴ったぞ!席に戻れよ」

咲「は~い」テクテク

京太郎「ふぅ……危ない危ない……」

~放課後~

京太郎「部活までまだ時間はあるな。よし、正門に行ってみるか!」タッタッタッタッ

…………

京太郎「さて、どこのどちらさんだろうか?」キョロキョロ

美穂子「……」キョロキョロソワソワ

京太郎「あれは風越の……きっとあの人だ!すいませ~ん」タッタッタッ

美穂子「あ、はい。…っ!須賀君!?」

京太郎「あの、確か福路さんですよね?このラブレター、貴女が送ったものですか?」

美穂子「あ…///は、はい…////」

京太郎「(やったぜベイビー!)それで、何かご用ですか?」

美穂子「あ、えっと…///貴方の事が……前から、す、す、す……////はぁっはぁっ」

京太郎「だ、大丈夫ですか?」

美穂子「あ、はい大丈夫です。その……好きです…///付き合って下さい…/////」

京太郎「(神様ありがとう!)俺も前から貴女の事が気になってました…//是非お付き合いお願いします…//」

美穂子「ほ、本当ですか!?う、うぅ……」ポロポロ

京太郎「えぇっ!?あ、あの!大丈夫ですか!?俺何か悪い事言いました!?」

美穂子「うぅん、違うの……ついつい嬉しくて……断られたらどうしようとばかり考えてたので……」ポロポロ

京太郎「なんだ……よかった……」ホッ

美穂子「あの……これから宜しくお願いしますね?」

京太郎「はい!」

二人は気付いてなかった。その時5つの影が二人を覗いている事に……

カンッ