京太郎「ん?あれは……玄さん?」

玄「?」くるっ

京太郎「(ササッ)!?」

玄「違うか」テクテク

京太郎「ふぅ……何で玄さんが長野にいるんだ?俺に会いに来たのか?」

玄「うん、そうだよ」

京太郎「どわぁっ!?く、玄さん!?」

玄「ふふっ、京太郎君久しぶり!電柱に隠れて何やってるのかな?」

京太郎「い、いえ!別に!」

玄「ま、いっか。京太郎君、デートしよ?」

京太郎「い、いやぁ今日は用事がありまして……」

玄「(ムッ)用事?用事って何?」

京太郎「いや、それは……えっと……」

玄「誰か別の女の子と会う約束でもしたのかな?例えば……幼馴染みの咲ちゃんとか、おもちの和ちゃんとか、タコス好きな優希ちゃんとか」

京太郎「!?(何で俺の交友関係を知ってるんだ!?まさか盗聴してるのか?)い、いえ…その……」

玄「ふふふ、知ってるよ。本当は用事なんて無い事くらい」

京太郎「う……いやぁ、参ったなぁ~……」

玄「何で嘘付くの?私の事、嫌い?」

京太郎「(嫌いだって言ってしまいたい……言って、関係を悪くしたい。けど、言った瞬間何をされるか分からないし……)そ、そんな訳無いじゃないですか~!ちょっとした冗談ですよ~!」

玄「(ニコッ)よかった。それじゃあデートに行こ?」

京太郎「(くそっ、黙っていれば本当に可愛いのにな)えぇと……それは……」

玄「何?行きたくないならハッキリ言っていいんだよ?どうなの?」

京太郎「(えぇい、この際だ!)…はい、行きたくないです」

玄「どうして?」

京太郎「それは……えと……」

玄「……ハッキリ言ってくれないと怒るよ?」

京太郎「って言うか、玄さんと俺、別に付き合ってる訳でも何でもないじゃないですか!デートなんておかしいですよ!」

玄「おかしくなんてないよ。だって、京太郎君の事好きだもん」

京太郎「……俺は……好きじゃないです」

玄「………そっか。分かった」

京太郎「玄さん……(よかった!やっと分かってくれ…)」

玄「(ザクッ)私の事好きじゃない京太郎君なんて要らない!」

京太郎「うぐっ!!く、玄……さん……?」

玄「さようなら、京太郎君」

京太郎「そ……んな……」ドサッ

カンッ