優希「きょうたろーう!」ダキッ

京太郎「うわわっ、だから抱きつくなって」

咲「もう、しょうがないなあ、京ちゃんってば」

京太郎「悪い悪い、今度埋め合わせはするからさ」

キャッキャウフフ

後輩1「須賀先輩はどっちと付き合うつもりなの…?」

後輩2「まさかの二股!?」

後輩3「パネェ」

まこ「ほらほら、騒いでないで、もう帰る時間じゃけぇの」

バイバーイ サヨナラー

まこ「……」トコトコ

京太郎「まこさーん! すみません、時間かかっちゃって」タッタッ

まこ「別に、気にしとらんよ」トコトコ

京太郎「……あの、もしかして怒ってます?」

まこ「怒っとる? 何のことじゃ?」

京太郎「いや、あの、部室で二人が……その」

まこ「……」

京太郎「……まこさん」

まこ「……何じゃ、京太郎」

京太郎「俺はまこさん一筋ですから」

まこ「……知っとるよ」

京太郎「愛してます」

まこ「知っとる。でもな、それでもふと不安になる時があるんじゃ」

京太郎「……なら俺はその度に、まこさんが好きだと伝えます。何度でも」

京太郎「好きです、まこさん」


まこ「京太郎。お前はほんに罪な男じゃの」クスッ

京太郎「そ、そうですかね? それくらい好きなんですよ、まこさんのことが」カーッ

まこ「……わしも、好きじゃ。京太郎」

京太郎「ありがとうございます。……それじゃ、帰りましょうか」スッ

まこ「そうじゃの」ギュッ

………

京太郎「でも、あんなに言うくらいなら、二人の仲公表しましょうよ」

まこ「嫌。恥ずかしいけえの」

京太郎「恥ずかしいってそんな……」

ガラッ

優希「おーっす、きょーだろー!」ギュッ

咲「京ちゃん、この間の件だけど……」ギュッ

京太郎「咲、優希、そんなに近くに寄るなって!」

まこ「……」ジーッ

和「どうしたんですか?」

京太郎「一筋、一筋ですから!!」

咲優希和「?」

まこ「……わしも、じゃよ」ボソッ

カンッ