健夜「あの、ちょっと相談があるんだけど」

はやり「何かな?☆」

健夜「実は今度…その…で、デートすることになったんだけど…」

はやり「あ、フーン…そうなんだ」

健夜「そういうときどうすればいいのか分からないからアドバイスを貰いたくて…」

はやり「フーン…あ、ひよこが可哀想でオムライスを食べられないアピールをすれば女子力アップするらしいゾ☆」

健夜「そうなの?わたしそういうの疎いから知らなかったよ。試しにやってみるよ」

はやり「頑張ってね☆」

デート当日

京太郎「いやーどうもお待たせしてすいません」

健夜「あ、いや、えっと…わたしもいまきたところだよ!(ついにこれを言う日が来るとは…!)」

京太郎「そうですか?じゃあとりあえずどっかご飯でも行きますか」

健夜「そうだね。わたし、オムライスが食べたいな」

京太郎「良いですね。俺美味い店知ってるんでそこ行きましょう」

健夜「わあ、楽しみだなあ」

オムライス専門店「エーブロック」

京太郎「ここがその店です。とりあえず入りましょう」

健夜「うん」

店員「いらっしゃいませ!2名様ですね。お席に案内おまかせあれ!」

京太郎「はい、メニュー。オススメはこのプレーンですね。トロフワでメチャ美味ですよ」

健夜「あ、じゃあわたしそれにするね」

京太郎「俺も同じやつにします。すいませーん、プレーンオムライス2つお願いしまーす」

店員「了解したのです!プレーン2入りましたー!」

コック「プレーン2かしこまり!いくでー…ダブルや!」ヒューン

ウェイトレス「すばら!配膳、まかされました!」キャッチ

健夜「なんか元気な店員さん達だね」

京太郎「でしょ?それもこの店のいいところなんですよ」

ウェイトレス「お待たせいたしました。プレーンオムライスでございます」

京太郎「来た来た。じゃあ早速いっただっきまー…」

健夜「あの、実はわたし…オムライス食べられないんだ」

京太郎「…へ?どういう意味ですか?」

健夜「(えーと…確か…)し、死んじゃうから!」

京太郎「な、なんですってー!?」

健夜「だから食べられないんだ。ごめんね」

京太郎「いや、別に謝ることじゃ…ん?でも最初に言い出したのって…」

健夜「と、とにかく食べられないものは食べられないの!じゃあ私もう帰るから!」

京太郎「そんな!ちょっと待って下さい健夜さん!」

健夜「さよなら!」ガタン タッタッタ カランカラーン

京太郎「…」

京太郎(お…)

京太郎(俺が何したっていうんだああああああああああああ!?)

店員「…」ポン

コック「…」ポン

ウェイトレス「…」ポン

京太郎「やめろ!そんな哀れんだ目をしながら肩に手を置くな!」

店員「少年に送りたい言葉があるのです」

京太郎「なんすか…?」

店員「ドンマイ」

京太郎「うるせえええええええええええええええ!」

近くの公園

健夜「はぁ…はぁ…。アレでよかったのかな?これでわたしも女子力アップだね!」ヴーッヴーッ

健夜「ん?電話?…はい、もしもし」

はやり『今のは失敗だったゾ☆』

健夜「え!?なに!?どこから見てたの!?っていうか失敗ってなに!?」

はやり『正直説明不足だったのは否めないけど…健夜ちゃんに送りたい言葉があるゾ☆』

健夜「…何?」

はやり『ドンマイ☆』

健夜「誰のアドバイスのせいだと思ってるの!?」

カン