―阿知賀こども麻雀クラブ クリスマスパーティー会場―

ウーン、ナンダロコレ
ユタンポダヨ、シズノチャン
ハルエノブロマイドナンテイラナイワヨッ
エエッ
ア゛ゴヂャン゛ノ゛ダァア゛ア゛ア゛ア゛

京太郎「ふう、そろそろパーティーもお仕舞いか」

綾「お、お疲れ様です、京太郎さん!」

京太郎「おう、ありがとな。どうだ、パーティーは楽しかったか?」

綾「はい、とっても!」

京太郎「それは良かった。プレゼント交換はどうだった? 何が貰えた?」

綾「ええと、キーホルダーなんですけど、あんまり可愛くな―――」

京太郎「おお! 俺が入れたプレゼントじゃないか!」

綾「えっ」

京太郎「綾のところに行ってたのか。どうだ、可愛いだろ? タイゾー人形」

綾「え……う、うん! すごく可愛いです!」

京太郎「そうか、良かった。女の子ばっかりだから何を選んでいいか迷ったんだよ」

綾「あはは……」

ギバード「変゛な゛人゛形ー!」

京太郎「んなっ!?」

ひな「あまり欲しくない所存ー」

綾「ちょっ、ちょっと二人ともそんなに正直に……あっ」

京太郎「……うん、ごめんな綾。俺も薄々感づいてたんだ。これはやっぱり無いかなって」

ひな「思ってたんだ」

綾「わ、私嬉しいよ! 京太郎さんに貰えて!」

京太郎「綾……! 綾は良い子だから、サンタさんもきっと素敵なプレゼントをくれるはずだ!」

綾「サ、サンタさん……」

ひな「流石にこの歳になってサンタさんは……」

ギバード「ア゛ハ゛ハ゛ハー」

京太郎「そんなことはない! 綾は純真無垢な良い子だから、きっとサンタさんも信じてるはずだ! そうだろ、綾!?」

綾「え、ええ~……」

ひな「綾ちゃん、大人の夢を守ってあげないと」

ギバード「うんうん」

綾「う、うん、私サンタさん信じてる。サ、サンタさん来ないかな~……」

京太郎「うむ、それでこそ」ウンウン

ひな「ダメだこの高校生……早く何とかしないと」

憧「何してんのアンタ」

京太郎「ああ、憧か。ちょうど子供の夢を守ってたところだ」

憧「あっそ。それはそうと京太郎、そろそろ撤収するわよ」

京太郎「おう、そうだな。そろそろ暗くなるし」


京太郎「綾は親御さんに迎え来てもらうのか?」

綾「私は、一人で帰ります。お父さんもお母さんも遅くなるから」

京太郎「そっか。よし、良かったら俺が送ってこうか?」

綾「えっ、いいんですか?」

京太郎「ああ、気にするなよ」

憧「……」ジーッ

京太郎「……憧、何だその目は?」

憧「別に。送るのはいいけど、狼にならないでよね」

京太郎「狼? 赤ずきんの話か? 意外にメルヘンなんだな、憧」

憧「何で通じないのよ!」

綾「きょ、京太郎さんが狼……」カァア

憧「こっちには通じてるし!」

京太郎「大丈夫だよ、花畑があっても寄り道なんてしないから」

憧「こいつ……」

綾「……」

―住宅街―

京太郎「うーん、街もすっかりクリスマスムードだな」テクテク

綾「そうですね」テクテク

京太郎「クリスマスが終わってしまうのが惜しいくらい」

綾「……そうですね。今年のクリスマスはいつもより楽しかったので、終わるのも、いつもよりちょっと寂しいです」

京太郎「いつもより? ああ、穏乃や憧達が阿知賀で麻雀部作って、また一緒になれたからか」

綾「そうなんですけど、それだけじゃなくて、その……」

京太郎「そろそろか? 家」

綾「えっ、はい。そこです」

京太郎「そっか。今日はありがとな」

綾「……あの、京太郎さん」

京太郎「ん?」

綾「良かったら、少し、上がっていきませんか?」

京太郎「んー、気持ちは嬉しいけど俺も」

綾「さ、寒いでしょうし、ほら!」グイグイ

京太郎「うわっ、押すなって。分かった、分かったから、少しだけな!」

綾「今ホットティーいれますからね」ルンルン

京太郎「お、おう、ありがとう」

京太郎(まさかあそこまで押しが強くなるとは……きっと疲れた俺を労るためなんだろうな、全くういやつめ)

京太郎(しかしそれにしても良いんだろうか、ご両親がいない女の子の家にお邪魔して)

京太郎(まあ精一杯釈明するしかないか)

綾「お待たせしました、ホットティーとケーキです」

京太郎「ケーキ? いいのか、これ食べて。クリスマスディナーのデザートだったりしないのか?」

綾「あっ、そうですね。私ったら」

京太郎「うん」

綾「デザートの前にディナーが先ですよね」

京太郎「えっ?」

綾「ど、どうぞ。召し上がれ」

京太郎「……綾、確かに今ちょうどお腹空いてるし、正直ありがたいんだけど……」

綾「……一人ぼっちの晩ご飯、寂しいな」ボソ

京太郎「……っ、ありがとうな……綾。さあ、食べようぜ。いただきます!」

綾「うん、いただきます」ニコ

京太郎「これは、親御さんが用意してくれてたのか?」モグモグ

綾「うん、チキンと、あとパイも。サラダは私、盛り付けただけだけど」

京太郎「ありがとうな、綾」

綾「どういたしまして」

京太郎(遅くなるって連絡しておくか。食べたら早く帰らないと)

京太郎「うん、美味しい!」

綾「こ、これも美味しいですよ」スッ

京太郎「えっ。これって……」

綾「は、はい。あ……あーん」プルプル

京太郎「な、なあ、綾」

綾「は、早く」プルプル

京太郎「あ、ああ! あーん、あむっ。うん、うまい」

綾「本当ですか! 良かったです」ニコ

京太郎「う、うん。ありがとう」

綾「あの……京太郎さんのところにあるパイ、私も食べたいです」

京太郎「ああ、それなら……」

綾「あ、あーん……」カァア

京太郎「!? ……はい、あーん」

綾「あむ。んむんむ。お、美味しいですね、うん!」

京太郎「あ、ああ、そうだな」

京太郎「……ふう」

京太郎(……しかし、眠くなってきたな。朝早くからパーティーの準備してたせいか。いかんいかん、こんなところで寝ては)

京太郎「くぁ……」フワーア

綾「京太郎さん?」

京太郎「ああいや、何でもない。あれ、今どこに行ってたんだ?」

綾「うん。お風呂沸いたか確かめに」

京太郎「えっ」

綾「京太郎さん、入りますか?」

京太郎「いやいや、流石にそこまでは……」

綾「さあさあさあさあ」

京太郎「ちょっまっ」

チャポーン

綾「どうでした?」

京太郎「うん、いい湯加減だったよ」

綾「良かったです。次私入りますね」

京太郎「綾、親御さんから連絡来てないのか?」

綾「それが……まだ帰れないって。だから、お願いしますね」

京太郎「お願いって……」

京太郎(これで良いのだろうか。しかし、家族が帰ってこず寂しがってる子供を放っておく訳には……)

京太郎(ちょっと待て、今両親が帰ってきたらどうするんだ)

京太郎(そんなことになったら……俺は……んん、また眠気が……)ウツラウツラ

京太郎(……ぐう)スヤスヤ

綾「京太郎さん、今上がりました……あっ」

京太郎「……スゥ」

綾「京太郎さん……寝ちゃってる」

綾「今日もいっぱい頑張ってたもんね。雑用とか力仕事とか、自分から引き受けて」

綾「それでもそんなことおくびにも出さず、いつも笑顔で、いつも楽しそうで」

綾「だから、私も……」

綾「京太郎さん、ごめんなさい」ソーッ

綾「……」チュッ

綾「……うっ、私なんてことを」

京太郎「んー」ゴソ

綾「っ!?」ビクッ

京太郎「……あ、綾。ごめん、いつの間にか寝ちゃってて。俺もう……」

綾「……ベッドに行かないと、ですね」

京太郎「ベッド?」ムニャ

綾「ほら、立って。歩けますか?」

京太郎「う、うん」フワァ

綾「すぐ、そこの部屋にベッドがありますから。そこで休みましょう、ね」

ドサッ

京太郎「……グー」

綾「……」ドキドキ

綾(京太郎さんが私のベッドに寝てる)

綾(こんな無防備に……こんな、可愛い顔で)

綾(……京太郎さん)チュッ

京太郎「ん……」

綾(……ん)チュッ

綾(京太郎さん……美味しい)チュッチュパッチュッ

綾(……これ)ドキドキ

綾(どうやって外すんだろう、このベルト)ドックンドックン

綾(これ、外しちゃえば、私……京太郎さんと……)

綾(ひなちゃん、桜子ちゃん、私大人に―――)

京太郎「ありがと……」ボソ

綾(!? ……起きて!?)ビクッ

京太郎「……すう」

綾(良かった……起きてない)ホッ

京太郎「ありがと……綾ちゃん。本当に……いい子、だ……」

綾「……京太郎さん」

綾「ごめんなさい……京太郎さん」ゴソゴソ

綾「でも……もう少し、このままで」ギュッ

京太郎「……ん」

綾「京太郎……さ……」スゥ

京太郎「……むにゃむにゃ」

―――

京太郎(ここは、どこだろう)

京太郎(ベッドの上だ、しかし俺のベッドではない)

京太郎(部屋に漂う甘い香り、見慣れない可愛らしいインテリア、そして……少女)

京太郎「……え゛」

綾「……ふわぁ」

京太郎「あ……綾?」

綾「あっ……京太郎さん。って、ええ!? 京太郎さん!?」

京太郎「ど、どうも。京太郎さんです」

綾(えっ、あっ、そうだ、私昨夜あんなこと……!)カァア

京太郎(俺、昨夜一体何して……風呂に入った記憶はあるが、ベッドに入った記憶は……)

綾「え、ええと、その……」

京太郎「あー……め、メリークリスマース……」

綾「め、メリークリスマス」

京太郎「ごめんな! 俺、昨日うっかり寝ちゃったみたいで」

綾「う、ううん、大丈夫。京太郎さん、お疲れだったみたいだし」

京太郎「いや、それでも悪いよ。そうだ! クリスマスだし、俺をサンタさんだと思って、何でも言ってくれ!」

綾「サンタさんなら……もう来ましたよ」

京太郎「へ?」

綾「京太郎さん、今日は一日、ずっと一緒に……」

カン!