~憧の場合~


憧「……とりあえずさぁ、どういう状態なわけよこれは?」

灼「せつめいしづら……」

玄「あはは……」

宥「あったかそう……」

穏乃「え~?何いってんのさ憧、どう見てもさ」



京太郎「なんだー?そんなおかしいことあったか?」ナデリナデリ

穏乃「京太郎の膝の上に座ってるだけだろー?」ナデラレナデラレ

憧「おかしいでしょうがぁぁあ!! なんだって何の脈絡もなく座ってんのよ!?」ウガー!

穏乃「京太郎がこっちき来て座ったから?」コクビカシゲ
京太郎「穏乃が座りたそうだったから?」コクビカシゲテ

憧「うっさい! あと京太郎は首傾げるな!」

穏乃「いーじゃん別にー。せっかくのパーティなんだしさー」ブーブー

京太郎「だしさー」ブーブー

憧「あーもう!なにこの言うこと聞かないペットを相手にしてる感覚は!? ていうか京太郎は復唱すんな!」

玄「お、おちつくのです憧ちゃん! こんな時こそ立派なおもちについて考えるのです!」

灼「それで落ち着けるのは玄も含めて居ないとおも……」

宥「あったかくないよ玄ちゃん……」

玄「ふえぇぇぇ!?」ガーン!

憧「とにかく、シズはそこ降りなさい!」

穏乃「えー?いーじゃんいーじゃーん」パタパタ

京太郎「あーまぁ仕方ないか、いっぺん降りてくれ穏乃」

穏乃「ちぇー、仕方ないか」ピョン

憧「まったく。シズはもうちょっと慎ましさっての、を?」グイッ

京太郎「っと。いらっしゃいませー」ポス

憧「……え!? なに!? なんで私が京太郎の膝に乗ってんの!?」

京太郎「なんでもなにも、交代して欲しかったから穏乃に降りろって言ってたんだろ?」

穏乃「えー? 何だ憧も京太郎の膝に座りたかったのかー」

憧「」

灼「なんという曲解」

宥「憧ちゃんあったかそう……」ポワ~ン

玄「あれはフットーしてるのでは……」


憧「と、とにかくおろしなさ、い~!」ジタバタ

京太郎「おっとと、暴れんなって。いいもんやるから」クイッ

憧「ひゃっ!? ちょ、なにいきなりアゴつかんで……」


チュゥゥ


玄「ふえ!?」

灼「ちくわ大明神!?」

宥「わわっ!?」

穏乃「ええええ!?」



憧(え? え? なにこれなんで京太郎の喉が見えてってかなんか唇に感触がってキキキキキキ、キスゥ!?)チュウゥゥ

憧(待って待ってなんでいきなし、いやなんか舌入って、やだ凄いヌルヌルしてスゴっ)ヌッチャヌッチャ

憧(ふぁっ、だめ、歯列なぞられてなんか背筋がゾクゾクってしてやだも、う、気持ちよすぎて)クチュゥゥ


京太郎「ふぃ……、どうだった憧?」

憧「んぁ……、ね、もっとぉ……」トローン

京太郎「んじゃリクエストに答えまして。 メリークリスマス、憧」チュッ

憧「ふきゅう……」トロトロ



宥「きょ、京太郎君、次お願いできるかな……?」オズオズ

玄「おねーちゃん!?」

穏乃「わ、わたしもー!」

灼「収集がつかなくなるとおも……」


カン!