憧「しかしあんたとクリスマス過ごすことになるとはねー」

京太郎「うっせえ、クリスマスに暇してるお前と一緒にいてやろうという俺の優しさを感じてろ」

憧「あんたにそれを言う資格はないでしょう、あと私はクリスマスなんて気にしてないから」

京太郎「また負け惜しみを」ツンツン

憧「やめい! うちは神社だから昔からクリスマスに何かするって習慣がないのよ」

京太郎「えっ、そうなの?」

憧「まあケーキくらいは食べるけど一応日本の神様に仕える身だからねー、キリストのボスの祭りは祝わないわよ」

京太郎「へー、憧は案外クリスマスとかノリノリでパーティーとかしてそうなイメージあったんだけど」

憧「誰かに誘われれば遊んだりするけどね、今の時期は玄やシズも忙しい時期だから」

京太郎「ふーん、じゃあこのチキンとかは俺のためにわざわざ用意してくれたのか?」

憧「べっ、別にあんたのためじゃないんだからねっ!!」

京太郎「ツンデレ乙」

憧「ツンデレじゃないわよっ!」

京太郎「はいはい…」

憧「でも…もしあんたが喜んでくれたなら…すっごいうれしい♪」ニパー

京太郎(天使や…天使がおる…)

京太郎「可愛いやつめっ!」ワシャワシャ

憧「ちょっとぉ…髪が乱れるでしょぉ…//」カァァ

京太郎「あっ、悪い」パッ

憧「うぅ…京太郎が来るからって一生懸命整えたのに…//」

京太郎「もう可愛すぎるんだよっ!!」ギュッ

憧「ふえっ!?」ドキッ

京太郎「よしよーし、憧はかわいいなぁ」ナデナデ

憧「抱きしめながらなでるなぁ…//」

京太郎「ういうい…なあ憧さんや」

憧「なによぉ…//」

京太郎「大好きっ!」チュッ

憧「私だって大好きよぉ…//」チューッ

カン!