京太郎「白望さんて綾波レイに似てますよね。」
白望 「...エヴァ?」
京太郎「そうです。って、知ってるんですね。」
白望 「...トヨネに誘われて映画行った...ダルかったけど...」
京太郎「そうだったんですね。俺も行きたかったなぁ...」
白望 「ん...次回作は見に行こっか...」
京太郎「デートのお誘いですか!?やったー!!」
白望 「...麻雀部のみんなで。」
京太郎「orz」
白望 「...絆だから。」
京太郎「みんなとの?」
白望 「.... 私には、ほかに何もないもの。」
京太郎「この人以外とノリノリだぁぁー!」
白望 「...京ちゃんシンジくんやって。」
京太郎「...無理だよそんなの。見た事も聞いた事もないのに出来る訳ないよ。」
白望 「駄目なのね、もう。」
京太郎「逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ...。」
白望 「あなた誰。」
京太郎「僕は、僕は、エヴァンゲリオン初号機のパイロット、碇シンジです。」
白望 「...碇君の匂いがする。」
京太郎「綾波の匂いがする。」
白望 「...ごめんなさい。こう言う時どんな顔すればいいのか分からないの。」
京太郎「笑えばいいと思うよ。」
白望 「ふふふっ。碇君と一緒にいるとポカポカする。」

ガラガラガラッ
豊音 「ああーっ!二人でエヴァごっこやってるよー!」
エイス「ズルイ!ワタシモ、マザル!」
胡桃 「ラジャ!」
豊音 「わたし初号機やるよー。」
塞  「...あんたら、バカァ?」

次回、「使徒、襲来」。この次も、サービス、サービスゥ!