京太郎「ゆみさん、誕生日おめでとうございます!」

ゆみ「ああ、ありがとう」

京太郎「……それでですね。実はプレゼントを用意し忘れてまして……」

ゆみ「……別に構わないさ。強制するものじゃないんだから」ズーン

京太郎「ご、ごめんなさい! 代わりになんでもします!」

ゆみ「なんでもか……その言葉に嘘はないな」

京太郎「え、えーと、出来る範囲のことでしたら」

ゆみ「そうか、ならこっちに来い」

---------------------------------------

京太郎「こ、ここは……」

ゆみ「私の寝室だ。ベッドに仰向けになれ」

京太郎「俺達まだそういうのは早いですよ!」

ゆみ「……言っているこっちも恥ずかしいんだ! いいから早くしろ!」グイッ

京太郎「わっ」ドサッ

ゆみ「よし、そこで腕を伸ばせ」

京太郎「腕……ですか? はい」スッ

ゆみ「うん、それでいい。よっと……」コロン

京太郎「こ、これはまさか腕枕ですか?」

ゆみ「そうだ。今年はこれで勘弁してやる。おやすみ、京太郎」

京太郎「お、おやすみなさい」

ゆみ「……変なことするなよ?」

京太郎「あ、当たり前ですよ!」

---------------------------------------

京太郎(なんでもするとは言ったけど……)

ゆみ「」スースー

京太郎(なんでこの状況でぐっすりと熟睡できるんだ!)

ゆみ「ん……」スースー

京太郎(生殺しだ。いっそ俺も寝て――)チラッ

ゆみ「」クークー

京太郎(……眠れるか!)

ゆみ「」スースー

カンッ