京太郎「サンタなんか…!サンタなんか…!死んじゃえばいいんだ!!」

姫子「きょ、京太郎。急にどうしたと?」

京太郎「いやぁ…もうすぐクリスマスでしょう?それなのに俺には彼女がいません」

姫子「へぇ~、彼女おらんやったったい」

京太郎「はい、つまりクリスマスは一人で寂しく過ごさなければならないので、つい……」

姫子「あーね。そら確かに恨みごとでも言いとうなんよね~」

京太郎「はぁ……クリスマスどうしようかな~……リア充狩りとやらに参加しようかな……」イジイジ

姫子「京太郎!一つよか方法のあっばい!」

京太郎「え、本当ですか!?」ガバッ

姫子「おぉっと…コホン、彼女ば作ればよか!」

京太郎「……はぁ……出来たらとっくに作ってますよ……」

姫子「…やったらさ、私と付きおうてみらん?///」

京太郎「……えっ?」

姫子「し、したらさ!京太郎も私も寂しいクリスマスば過ごさんでよかごとなるしさ…!///」

京太郎「で、でも……先輩はいいんですか?」

姫子「え、なんが?」

京太郎「いや、そんなしょうもない理由で本当にお付き合いしてもいいのかと……」

姫子「あぅ…いや、本当の事言えばね……私京太郎の事がす、好きでさ…!あぅぅ……もう駄目、恥ずかしか////」

京太郎「そ、それは冗談じゃないですよね?///」

姫子「冗談じゃなかぁ!こげん事冗談で言えんよぉ!ああもうこれ以上顔ば見らんでぇ////」ササッ

京太郎「……お、俺も姫子先輩の事が……好き、でした!」

姫子「え……ほ、本当!?」

京太郎「こんな事、冗談で言えませんよ。本当です///」

姫子「ぃ……やったやった!京太郎ありがとう!大好き!」ぎゅっ

京太郎「おっと!俺も大好きです!」ぎゅっ

姫子「うん!クリスマスは二人で過ごそうね!」

京太郎「はい!是非とも!」

カンッ!!