和「須賀君……またですか」

京太郎「ごめんなさい」

和「ふうっ、いつも疑問なんですが私の胸なんて見て何が楽しいんですか?」

京太郎「楽しいと言うか、お、男なら致し方ないと言いますか……」

和「つまり須賀君も男性だから私の胸を見てしまうと?」

京太郎「あー……そう、なのか?」

和「自分の事なのにわからないんですか」ジトー

京太郎「うっ……だって俺の場合他の連中とは色々と条件違うし……」

和「違うとは何がですか」

京太郎「……言わなきゃダメ?」

和「ダメです」

京太郎「俺の場合、そのだな、和に……」

和「……」ジトー

京太郎「えーっと……」

和「須賀君」

京太郎「ああ、もう!俺は和が好きだからつい和に視線がいっちゃうんだよ!」

和「嘘を言わないでください」

京太郎「一刀両断!?いや、マジだって!俺は和が……」

和「嘘です」

京太郎「信じてくれって!」

和「だって須賀君は胸ばかり見て私の顔なんか見てないじゃないですか!」

京太郎「えっ?」

和「私がどれだけ見つめてもあなたは視線を返してくれた事なんて一度もないじゃないですか……」

京太郎「えっ、えっ?」

和「須賀君の、バカ……」ギュッ

京太郎「……マジ?」

カン!

なおこのやり取りは部室で行われてる模様