京太郎「美穂子さんってさぁ…」

美穂子「はい?」

京太郎「美人だし、優しいし、スタイルもいいし、絶対男にモテるよね」

美穂子「そんな事ないですよ。今まで一度も告白されたことないですし」

京太郎「嘘だ~」

美穂子「本当です」

京太郎「なら、今回が初めてになるのか…」

美穂子「…?どういう意味ですか?」

京太郎「俺、美穂子さんが好きなんだ。是非付き合ってほしい」

美穂子「え……そんな……///」

京太郎「美穂子さんは俺の事、好き?」

美穂子「そ、それは……///」

京太郎「それとも、嫌い?」

美穂子「嫌いなわけがありません!」

京太郎「なら……好き?」

美穂子「うぅ……//はい、好きです……///は、恥ずかしい……////」

京太郎「俺は、嬉しいよ。……美穂子さん」

美穂子「は、はい…///」

京太郎「これからよろしくね」チュッ

カンッ