健夜「京くん!久しぶり!」

京太郎「健夜さん?お久しぶりですね」

健夜「京くん、覚えているかな?小さい頃にした約束…」

京太郎「え……お、覚えてないですねぇ!(本当は覚えているけど)」

健夜「えっ?そ、そうなんだ……ちょっとショックだな。まあいいや、えっとね、小さい頃私と京くんは京くんが大きくなったら結婚しようって約束をしたんだよ」

京太郎「あ、あ~…そんな事もありましたねぇ」

健夜「結婚……しようか。約束通りに」

京太郎「(やっぱそうきたか)あの……健夜さん」

健夜「前みたいに健夜お姉ちゃんって呼んでもいいんだよ。で、なに?」

京太郎「……健夜さん、俺な……もう付き合ってる子がいる…」

煌「京太郎く~ん!!」タッタッタッタッ

京太郎「あ、煌」

煌「もう!遅いじゃないですか!ずっと待ってたんですよ!」

京太郎「わりぃ…ちょっと取り込み中でな」

煌「まあいいですけど……おや?そちらの方は?」

京太郎「ああ、幼馴染みのお姉さんの健夜さんだ」

健夜「こ、小鍛治健夜です」

煌「すばらっ!これはこれは……私、京太郎君とお付き合いしてます、花田煌です!」

健夜「そ、そうなんだ……きょ、京くんったらいつの間にこんな可愛い娘と……もう、隅に置けないなぁ……」

京太郎「あ、あはは……」

健夜「煌ちゃんだっけ……京くんは私の大事な……大事な弟みたいな人だから……その、宜しくお願いするね」

煌「はい!お任せ下さい!」

健夜「じゃあ……お姉ちゃん帰るわ。さようなら、京くん……」ヒラヒラ

京太郎「は、はぁ……また、健夜さん」

煌「またお会いしましょう!」

健夜「ん……」テクテク

…………

健夜「うわ~~~~ん!!」

カンッ