淡「~♪」ナデナデ

京太郎「……」←撫でられている

菫「……なんだこの状況は」

誠子「今日は一日大星のほうが須賀の世話を焼くんだそうです」

菫「何故そんなことに……」

淡「それは淡ちゃんが淡お姉ちゃんになったからだよ!」

菫「はあ?」

尭深「今日は淡ちゃんの誕生日で、京太郎君のほうがしばらく年下になるからだそうです」

淡「そーゆーこと! ~♪」ナデナデ

京太郎「……」←されるがまま

菫「……放っておいていいのかこれは」

照「ずるい。私も京ちゃん撫でたい」

菫「そっちか!?」

淡「駄目! きょーたろーは私のなの!」ギューッ

照「京ちゃんは私の幼馴染みなんだからお姉ちゃんは私であるべき」

淡「テルはサキがいるじゃん! きょーたろーはあげないよ!」ムギュウ

照「ちょっとだけ。卒業まででいい」

誠子「さらっと期間長いですね!?」

菫「というかさっきから京太郎君が無言なんだが」

京太郎「いえ、普段する側なのでどう反応したらいいのかと」

淡「きょーたろーは黙って淡ちゃんに甘やかされてればいいの!」

照「淡、代わって。今なら極細ポッキーを一箱あげてもいい」

淡「きょーたろーがお菓子作ってくれるからいいもーん♪」

照「ずるい。私も京ちゃんを甘やかしたい」

菫「必死すぎるだろ……」

誠子「何が宮永先輩をそこまで駆り立てるんですか……」

尭深(私もって言ったら面白くなりそう)ズズー…

照「淡、今ならコアラのマーチも付ける」

淡「やーだー!」

京太郎(夕飯何にしよう……)←現実逃避



カンッ