京太郎「うわわわぁ!!」ドサドサァ

洋榎「お?」

京太郎「すみません、すみません」ヒロイヒロイ

洋榎「兄ちゃん、手伝ったろか?」

京太郎「あ、ありがとうございます」

京太郎「って、あなたもしかして!」

洋榎「なんや?」ヒロイヒロイ

京太郎「姫松の……愛宕選手?」

洋榎「なんやなんや、うちも有名人になったなー? あんたも麻雀部なん?」

京太郎「麻雀部は麻雀部ですけど、インターハイに出たのは女子で……」

洋榎「なんや、付き添いか」

京太郎「そうですね、応援のために。俺自身は個人戦でもう負けちゃったんで」

洋榎「付き添いでも、全国来れるのは嬉しいやろな。うちは常連やけどな!」

京太郎「それはあるんですけど」

洋榎「ん?」

京太郎「応援したい人がいるんです。その人は頑張り屋で、少し気が弱いんですけど、俺はずっと努力している姿を……」

いちご「おーい、京ちゃーん」タタッ

京太郎「ちゃちゃ姉!? なんでこんなところに?」

いちご「何でって、京ちゃんが買出しに行ったっていうから。ちゃちゃのんのこと頼ってくれてもいいんじゃよ?」

京太郎「何言ってんだよ、ちゃちゃ姉は選手だろ?」

洋榎「なるほど、鹿老渡高校か。佐々野さん、やったっけ?」

いちご「!?」

京太郎「ああ、はい。広島の鹿老渡です。ちゃちゃ姉、この人は大阪の……」

いちご「……もちろん知っとるよ、愛宕さんじゃろ」

洋榎「ぴんぽーん。明日は世話になるな」

いちご「……!」

京太郎「そうですね、一回戦で当たりますもんね。明日はよろしくお願いします」

洋榎「よろしくな、胸貸したるさかい」

京太郎「あはは……」

洋榎「貸せる胸がないやと!? 文句あるんか!」

京太郎「ええー」

洋榎「冗談やて。自分名前なんていうん?」

京太郎「京太郎です。須賀京太郎」

洋榎「須賀君な。……そっちの佐々野さんも、よろしゅう」

いちご「あっはい、よ、よろしくお願いします」

京太郎「?」

洋榎「ほななー」


京太郎「なんか面白い人だったな。強豪校だから、怖い人イメージしてたんだけど」

京太郎「……ちゃちゃ姉?」

いちご「えっ、な、なんじゃ、京ちゃん?」

京太郎「ぼーっとしてるみたいだったから。大丈夫か?」

いちご「だ、大丈夫じゃよ。ちょっと……不安になっただけじゃ」

京太郎「全国だもんな。緊張するのも仕方ないよ」

京太郎「大丈夫。ちゃちゃ姉の頑張りは俺がよく知ってるよ」

いちご「ありがとの、京ちゃん」

京太郎「じゃあ宿舎に戻ろうか。思ったより時間かかっちゃったな」

いちご「京ちゃん、その袋持つけえ」

京太郎「ああ、ありがと、ちゃちゃ姉」

いちご「ええよ。いこか」


いちご(ずっと頑張ってきた)

いちご(部員のみんなと、応援してくれる人と、そして……京ちゃんと)

いちご(京ちゃん……)


京太郎『ちゃちゃ姉麻雀部に入ったんだ。ちゃちゃ姉麻雀上手いからなあ』

京太郎『俺も麻雀部に入るよ。ちゃちゃ姉の夢、応援したいんだ』

京太郎『あいつらの言うことなんて気にするな。ちゃちゃ姉が本当に努力家で、麻雀が好きで、強いってこと。俺はちゃんと知ってるから』

いちご(ほんに、京ちゃんにはいつも助けられとった)

いちご(負けるわけにはいかん)

いちご(ちゃちゃのんの意地、見せたるんじゃ)

京太郎「ちゃちゃ姉、出番だよ」

いちご「うん。みんな、京ちゃん、行ってきます」


『中堅戦、開始です―――!!』


いちご「……」フラフラ

いちご(どうしよう……こんな結果じゃ、部員のみんなにも、京ちゃんにも合わせる顔が……)

京太郎「ちゃちゃ姉」

いちご「!」ビクッ

京太郎「お疲れ様、ちゃちゃ姉。……ちゃちゃ姉はよく頑張ったよ。大丈夫、後は部長たちが挽回して……」

いちご「……京ちゃん、ちょっと一人にしてくれんか」

京太郎「えっ……分かった。控室にいるから」

京太郎「気を落とさないで、ちゃちゃ姉」

いちご「……」

いちご(うう……何てひどいこと言ってしまったんじゃ)

いちご(京ちゃんはちゃちゃのんのこと心配して来てくれたんに)

いちご(いくら期待に応えられんかったんが、点棒いっぱいとられてしもうたんがショックだったからって……)

いちご(……京ちゃんにいいところ見せられんかったのう)

いちご(あの人、強かったのう)


京太郎(やっぱり、ちゃちゃ姉落ち込んでたな……)

京太郎(俺が余計なプレッシャーを与えていたのかもしれない……)

京太郎(俺がちゃちゃ姉のそばにいて、何かできることがあるのか? 邪魔なだけなんじゃないか?)

京太郎(俺に何ができるんだろう……)

洋榎「おっ、鹿老渡の」

京太郎「えっ、愛宕さん? 今試合終わったばかりじゃ」

洋榎「うん、一旦控室に戻ったんやけど……って、これ以上言わせんといて!」

京太郎「……あっ」

洋榎「それよりごめんな、彼女さん泣かせてしもて」

京太郎「いや、そんな……って、彼女さん違います! ただの幼馴染です!」

洋榎「へー、ほー」

京太郎「なんですか、その目は……」

洋榎「いやいや、何でもあらへん。それより、その幼馴染さんのところ行ってやったほうがええんちゃう?」

京太郎「それは……」

洋榎「? なんかあったみたいやな」

京太郎「いえ、俺のデリカシーが足りなかっただけで」

洋榎「ふうん? うちは大丈夫やと思うで」

京太郎「大丈夫って、何が?」

洋榎「須賀君がそばにいてあげれば、大丈夫っちゅうこと。大事な大事な幼馴染なんやろ?」

京太郎「そ、そりゃ大事ですけど」

洋榎「もっと自信持ちいや。ちゃちゃちゃんのそばにいていいのは俺だけや! ってくらいに」

京太郎「ちゃ、ちゃちゃちゃん?」

洋榎「ちゃんちゃん焼?」

京太郎「それ有珠山の領分じゃ」

洋榎「おもちゃのちゃちゃちゃ?」

京太郎「長いですて!」

洋榎「まあともかく! その子のそばにいてやることやな。きっとそれが一番の慰めやから」

京太郎「……ありがとうございます、愛宕さん」

洋榎「んー、なんか痒いなあ」

京太郎「か、かゆい?」

洋榎「名前で呼んでくれや、須賀っち」

京太郎「矛盾してる!」

洋榎「うっかり八兵衛や。な、京太郎?」

京太郎「……それじゃまた、洋榎さん」

京太郎(何ができるか分からないけど、とりあえずできる限りそばにいよう)

京太郎(それにしても、面白い人だと思ってたけど、頼れる人でもあるんだな)


いちご(……な、なんで京ちゃんがあの人と一緒にいるんじゃ)

いちご(それに、名前で呼び合ってた……)

いちご(なんでじゃ、京ちゃん、なんで……)

いちご(麻雀だけじゃなく、京ちゃんまでとられちゃう……)

カン!