哩「お、京太郎!よかとこに来た」

京太郎「哩さん、何か用事でも?」

哩「おう、こん紐ばちかっぱい引いてみろ」

京太郎「な、なんすか?このくす玉…」

哩「こまんちか事は気にせんちゃよかけん、ちかっぱい引いてみろてさ」

京太郎「細かい事ですかね…?まあいいや、では」グッ

ブワッ!
“須賀京太郎・白水哩、交際一周年記念!!”

哩「よし!成功!」

京太郎「……。そういえば去年のこの日でしたねぇ……」

哩「なんや、今まで忘れとったいや?私は一日たりとて忘れた事なかっつーとに……」

京太郎「すいません。でも、哩さんに対する想いは日々強くなってますし、例え記憶喪失になったとしても忘れる事はありませんよ」

哩「奇遇やな、私もばい」

京太郎「哩さん、愛してます」

哩「わ、私も…」

京太郎「えっ?なんですか?」

哩「わ、私も愛しとっぞ!///わいもほんなごて意地悪かなぁ!」

京太郎「へへ、すいません。じゃあ一周年記念のスタートに」

哩「ん…」

チュッ


カン