京太郎「昨日のドラマ見ました?」

誠子「見た見た。いやー、まさか佐々木さんと喉丘さんが京都太郎君を取り合うとはね」

まこ「わしも見たぞ。貧乳幼なじみの佐々木を選ぶか巨乳才女喉丘を選ぶか、来週が楽しみじゃのう」

いちご「ちゃちゃのんは見てないんじゃ!」

京太郎「ありがちですけど三角関係ってやっぱり緊張感がありますよね」

誠子「まぁね」

まこ「わしはあんまり好かんがの」

いちご「見てないから話がわからないんじゃ!」

京太郎「え、そうなんですか?」

誠子「それはまたどういう理由で?」

まこ「結局は男の優柔不断が原因でいつも泣くのは女じゃろ」

いちご「無視されてもちゃちゃのんは泣かないんじゃ!」

京太郎「うっ…耳が痛いですね…」

誠子「でも三角関係って2人の男が1人の女性を奪い合うパターンのもあるよね」

まこ「少女漫画の王道じゃな。そういうのはさすがのわしも少し憧れるのう」

いちご「むう…2人ばっかり京太郎とお話してて羨ましいんじゃ…」

京太郎「SSスミレっていう少女漫画なら俺読んだことありますよ」

誠子「結構古い漫画だよね。アニメは私も見てたよ」

まこ「わしもじゃ。いやー…テルベロスのテルちゃんは可愛かったのう」

いちご「!それならちゃちゃのん全巻持ってるんじゃ!!」

京太郎「まじですか!すばらですよちゃちゃのん先輩!」

誠子「あ、それなら今度ちゃちゃのん先輩の部屋に遊びに行こうかな」

まこ「それならわしのご一緒させてもらおうかの」

いちご「ふおお…!いつでも来ていいんじゃ!大歓迎なんじゃ!」

京太郎「俺も行きたいです!来週の休みとか大丈夫ですか?」

誠子「私はオッケー」

まこ「わしも空いてるぞ」

いちご「もちろん大丈夫なんじゃ!どんと来いなんじゃ!」

京太郎「じゃあそういうことで」

誠子「おつー」

まこ「おつかれさん」

いちご「お疲れ様なんじゃ!ちゃちゃのんも来週が楽しみになったんじゃ!」


カン