久「うーん、やっぱり桜を見ながらの一杯は最高よね~!」

まこ「部長…ちぃと甘酒の飲み過ぎじゃあないか?」

タコス「もがもがもが……(やっぱり花見の場でのタコスは一味違うじょ)」

和「もう、優希ったら口にものを入れたまま喋るなんて……」

咲「京ちゃん遅いなぁ……」

タッタッタッ……

京太郎「遅くなってすいませ~ん!屋台が混んでいたもので…」ドサッ

久「お疲れ様、須賀君。さあ、皆!花見はこれからが本番よ!」ゴクゴク…

まこ「お疲れさん京太郎。こんとに沢山の荷物で大変じゃったやろ」

タコス「犬!ご主人様である私へのタコスの補給の件…ご苦労であった!」ガツガツ

京太郎「誰が犬だタコス!……やれやれ、ようやく飯にありつけるぜ」

咲「お疲れ様、京ちゃん。はい、どうぞ」スッ

京太郎「おっ、おにぎりか……ちょうど腹が減ってた所なんだ!」

咲「うん、朝早くから作って来たんだ!もうこれ一個しかないけど…京ちゃんのために一生懸命に握ったから……」ボソッ

京太郎「うん?何か言ったか咲」

咲「ううん!何でもないよ京ちゃん!その……味の方に自信がないけど……食べてみて」

京太郎「ありがとな、咲!そんじゃあいただきま……」

タコス「犬!ご褒美に私のタコスをくれてやろう!ほれっ!」バッ

京太郎「うわっと!?」

ドスンッ!

咲「あ…………!」

コロコロコロ・・・

和「み……宮永さんのおにぎりが……」

京太郎「何やってんだよタコス!急に押してくるんじゃねーよ!」

タコス「わ……私はただ京太郎にタコスを食べさせようと…」

まこ「あーあ、おにぎりが砂だらけになってしまったのう」

久「あらあら……これじゃあ食べる事はできないわね」

咲「………せっかく……せっかく京ちゃんのために………作って……」ウルウル

タコス「ご、ごめんだじょ咲ちゃん!私のせいで…」

和「み、宮永さん…!ど…どうしましょう…?」オロオロ…

京太郎「……………」スッ

咲「京ちゃん………?」

パッパッ……

和「須賀君、そのおにぎりはもう……」

京太郎「いただきます」パクッ

タコス「なっ!?何をしているんだじぇ京太郎!」

まこ「ほほう………」

久(ふーん、須賀君ったら…やるじゃない)

和「す、須賀君!そんな砂だらけのおにぎりを食べるなんて……」

京太郎「ムシャムシャ……ご馳走さん!美味しかったぜ咲。…ちょっと口の中がジャリジャリするけどな」

咲「京ちゃん……どうして…?」

京太郎「言ってただろ?俺のために作ったってさ…」

咲「京ちゃん………ありがとう」グスン…

京太郎「な、泣くなよ咲!せっかくの楽しい花見なんだから…」

咲「だってぇ……凄く嬉しいんだもん……」ニコッ

まこ「熱いのう……熱い事熱い事」ニヤニヤ

和「宮永さん……良かった…」ホッ

タコス「むむむ・・・」

久「さてと・・・改めて花見を楽しみましょう!カンパーイ!」

――――――

京太郎「ふぅ……後片付けも楽じゃねーな」ガサゴソ

咲「京ちゃん」

京太郎「うおっと!咲、なんでお前がここにいるんだよ?」

咲「だって…京ちゃんと二人だけで花見がしたかったから…」

京太郎「咲・・・」

咲「さっきは本当にありがとね京ちゃん……」

京太郎「もう気にするなよ・・・」

咲「桜……綺麗だね」

京太郎「ああ・・・夜桜ってのも悪くないな・・」

咲「ねぇ、京ちゃん・・・私とこの桜・・どっちが綺麗?」

京太郎「……んなもん決まってるだろ………咲だよ」

咲「えー?よく聞こえないよ京ちゃーん。もう一回言ってみてよ!」

京太郎「お前……絶対に聞こえているだろ!」

咲「エへへへ♪」

京太郎「やれやれ…お前にはかなわないよ全く」

ギュッ

咲「京ちゃんの手……暖かいね」

京太郎「………まあな」

咲「また…桜を見に行こうね」

京太郎「………今度は二人だけでな」

咲「……………うん♪」

名前:
コメント: