京太郎「和、好きだ!俺と付き合ってくれ!」

和「ごめんなさい」

…………

京太郎「フラれ…ちまったなぁ……はぁ……」

咲「あの……京ちゃん」

京太郎「うおっ!?…って咲か」

咲「何よー?気付かなかったのー?……フラれたんだね」

京太郎「ああ……ばっさりとな」

咲「…そもそも、和ちゃんに京ちゃんは釣り合わなかったんだよ!今度から身の丈に合った子を狙った方がいいんじゃないかな?例えば幼馴染みの子とか…」

京太郎「…まだ、諦めきれねえや。もう一度、告白してみるよ。それで脈が無さそうなら諦めるさ!ありがとな、咲。じゃあ!」タッタッタッタッ

咲「あ…!京ちゃん……なんで……」

~翌日~

京太郎「あ、和!」

和「あ……須賀君……!」ダッ

京太郎「待って!」

和「……なんですか?」ピタッ

京太郎「あのさ、フった理由を教えて欲しいんだ。他の誰かが好きとか、俺が嫌いとか、そういう理由ならキッパリと諦める。けど、まだ脈がありそうなら……」

和「須賀君!……その、すいません。インターハイが終わるまで待ってもらえませんか」

京太郎「…それはまだ脈があると捉えていいんだな?」

和「……」コクリ

京太郎「分かった!インターハイまで待つよ」

和「……ありがとうございます。そうだ!約束の代わりと言ってはなんですが、これを差し上げます」チャリッ

京太郎「キーホルダー?」

和「それ、私のお気に入りなんです。では」タッタッタッタッ

~~~~~~

咲「和ちゃんのあの顔……まさか!両想い!?そんな……!そんな……!!」

…………

咲「和ちゃん……」

和「咲さん、何か?」

咲「和ちゃんは京ちゃんの事、どう思っているのかな?」

和「それは……好きです、一人の男性として」

咲「なら何でフったの?好きなのに、なんで…」

和「インターハイで結果を残したかったからです。部長にとって最初で最後のインターハイですし、私も結果が残せなければ転校しなければなりません。だから…」

咲「ねえ、和ちゃん……京ちゃんをもう一度フってくれないかな?私のためにも」

和「それは……出来ません。いくら咲さんの頼みでも!」

咲「そう…友達よりも京ちゃんが大事なんだね……分かったよ」チャキ

~~~~~~

京太郎「和のキーホルダーが壊れた!?なんだろう…胸騒ぎがする……和を探さなきゃ!」タッタッタッタッ

~~~~~~

和「咲さん!?それは…」

咲「あれ~?知らないの~?ナイフだよナ・イ・フ」

和「それで一体どうするつもりですか!?」

咲「ふふ……それは和ちゃんの返答次第かな。もう一度聞くよ?京ちゃんを諦めてくれないかな?」

和「お断りします!そしてそれを早く仕舞って下さい!」

咲「残念だなぁ。でもね、京ちゃんは私と結婚するの!小さい頃からの約束だもん!だから、それを邪魔するなら……死んでね!」ザクッ

和「っ!!痛…そ、んな……」ガクッ

咲「和ちゃんが悪いんだよ?私と京ちゃんの間を邪魔するから……」

京太郎「(ザザッ)いたっ!和!和!大丈夫か!?」ダキッ

和「須賀…君…?」ゴホッ

咲「あ、京ちゃん!見て見て!邪魔者は廃除したよ!」

京太郎「和!!一体誰が…!!」

和「須賀君……最後に…聞いて、くだ…さい……」

京太郎「もう喋るな!今から病院連れて行くから!」

咲「京ちゃん!ねえ、京ちゃんったら!」

和「いえ……一つ、だけ言わせて……ごめんなさい……本当は、須賀君の事……好き、でした……でも、インターハイに……集中した、くて……」

京太郎「分かった!分かったから!今すぐ病院行くぞ!んしょ!急げ!急げ!」ガシッタッタッタッタッ

咲「京ちゃん……ひどいよ……ヒック……うえ~~~~ん!!」


~数日後~

久「本当に行くのね?」

京太郎「はい。和は死に、咲は逮捕されました。正直、長野に居づらいですし、居る意味もありませんしね」

久「……寂しくなるわね」

京太郎「まあ、もう二度と会えなくなる訳じゃありませんし、それに……俺達は絆で繋がってるって信じてますから!」

久「そうね……きっとまた会えるわよね」

京太郎「はい!それでは、さようなら!また会いましょう!」クルッ

久「………なんてね」ガチャン

京太郎「……はっ…?手錠……?」

久「…和が死に、咲が逮捕された事でインターハイへの夢は潰えた……だからね、せめて一番欲しいものくらいは手に入れたいの」

京太郎「……えっ?」

久「最大の壁である和が死に、次の壁になる咲は逮捕された……つまり邪魔者はいないって訳よ。今手に入れないでいつ手に入れるって言うのよ」

京太郎「な、何を……」

久「須賀君。ずっと、一緒よ」

カンッ