照「京ちゃん…今日一日、後ろから打ち方のアドバイスしてあげる…」

京太郎「本当ですか!?是非宜しくお願いします!」

照「じゃあ…菫、尭深、誠子、京ちゃんと対局お願い…」

菫「いいだろう」

尭深「須賀君、宜しくね」

誠子「手加減はしませんよ!」

京太郎「宜しくお願いします!」

淡「えーっ?私はー?」

照「淡が入ると能力のせいで普通の対局にならないから…」

淡「ちぇっ!分かったよ」

…………

京太郎「よし、これを…」

照「それは危ない…」

京太郎「照さん、心配ありがとう。だが…!通るさ…俺が通す…!俺はいつだってそうやって生きてきた……!!」タンッ!

菫「ロン!(物理)」

京太郎「ぬわーーっ!!」

照「……はぁ……」

…………

京太郎「照さん、今日はありがとうございます。勉強になりました」

照「うん…!京ちゃんさえよければまたアドバイスするよ…!」

京太郎「本当ですか!?やったー!照さんのそういうところ大好きです!」

照「私の事…好きなんだ…じゃあさ、結婚しよ?」

京太郎「えぇっ!?どうしてそんな話に!?」

照「だって、京ちゃん私の事好きだって……それとも、私じゃ嫌?」ウルウル

京太郎「やだなー、嫌だなんて一言も言ってないでしょ。是非俺と結婚して下さい!」

照「(ニコッ)うん!」

カンッ