京太郎「はぁ…」

怜『なーんかしけたため息ついとんなぁ』

京太郎「あ、怜さん。どうしました?」

怜『どうもこうもないで。何もやることないから暇やし…その暇を潰そうと旦那探しとったら本人はため息ついとるし…』

京太郎「そりゃーすみませんね」

怜『まったく…娘を見習ったらどうやねん。元気すぎて外走り回りに行きよったで?』

京太郎「ははっ、そりゃあいい。怜さんの病弱体質は受け継がなかったみたいですね」

怜『ま、確かにな。こればっかりは神さんに感謝せんとなー。おるかわからんけど』

京太郎「神ねぇ…」

怜『ん?どないしたん?』

京太郎「どうせいないっすよ。そんなやつ…はぁ…」

怜『…辛気くさっ。昔から思とったけどあんたやっぱ重苦しいわー…』

京太郎「旦那にその暴言はどうかと思います」

怜『だって事実やもーん。うち知らんもーん』

京太郎「コイツ…」

怜『お?やるか?やりよるんか?』シュッシュッ

京太郎「はぁ…やりませんって」

怜『なんや、おもろないやつ…』

京太郎「へーへー…」

…………

怜『んー、もう夕方か。そろそろやなぁ…』

京太郎「…そうっすね」

タダイマー!!

怜『お。娘も帰ってきたし…そろそろ行こうや』

京太郎「…っす。おーい!そろそろ行くぞー!」

ハーイ!!

………

娘「きゃっほー!!」ダダダ

京太郎「おーい!そんな走ると転ぶぞー!…ったく」

怜『ふふふ、ほんまウチに似とらんなぁ…』

京太郎「毎日毎日、だいたいどっかすりむいてくるから大変なんですよねー…」

怜『まぁでも元気な方が見てる方も楽しいやろ?』

京太郎「楽しすぎてハラハラしてますよ…」

怜『…まぁそれもええやん?』

京太郎「…確かに」

……
[須賀家之墓]

ゴシゴシゴシ…

京太郎「っと…こんなもんで良いかな?」

怜『別にそこまで磨かんでええと思うんやけどなー』

京太郎「こういうのは気持ちっすよ、気持ち」

怜『…それで気が済むんならうちは何も言わんけど。悪い気もせんし』

京太郎「そりゃありがたい」フキフキ

娘「おとーさーん!お花、これぐらいあればいいかなー?」

京太郎「おう、十分だ。そこにおいてくれ」

娘「はーい!」

京太郎「線香点けてっと…お参りする感じでやるんだぞ?」

娘「わかってる!なーむなむ…」

京太郎「南無なんてどこで習ってくるんだ…」

怜『まぁどこでもええやん?』

京太郎「そうですけども…ま、そのうち顔見せに来ます。待っててくださいね」

怜『そんな頻繁に顔出されてもなー…ま、ゆっくり待っとるわ。ほなね』フリフリ

京太郎「はい、それじゃ…お母さんにちゃんと挨拶したか?」

娘「したよー」

京太郎「それじゃ帰るか」

娘「うん!…ね、お母さんってどんな人だったの?」スタスタ

京太郎「うーん…だいたいおまえと正反対で基本病弱だったっつーか…」スタスタ


[須賀 怜 享年二十五]

怜『そういや、もうあいつの方が年上なんやなぁ…今度敬語やめるように言ってみよかな…』

カンッ