新星作家・園城寺京太郎。

専門はミステリだったり恋愛だったり、或いはバトルものだったり。

勿論ペンネームだ。病弱アピールあざとい子と結婚したと言うわけではない。

単に語感がいいからそうしただけだ。

そして彼の名付け親は船久保浩子、通称「フナQ」といった。




浩子「アカンで京。こんなんおいしないわ」

京太郎「またですか…もう100回はボツられてますよ俺」

浩子「メインヒロインの役をぼや~っとした巨乳ばかりにしよるからや!」

京太郎「いいじゃないすか。ぼや~っとした巨乳って、大体美人ですし」

浩子「清水谷先輩のことを言うとるんか…アカンであれは。悪い奴にすぐ騙されおるわ」

浩子「一見一途なようで、案外コロッと心変わりするんやで。なにせ情に脆い人やさかいな」

京太郎「う~ん…やっぱり使い捨てヒロインの方がいいですか」

浩子「せやせや。そんでシリーズ通してのヒロインは、なんやかんやでいつも主人公を助ける知的な女刑事で…」

京太郎「…金田一の明智警視みたいな感じの?」

浩子「そう!時にはいがみ合い、またある時には助け合い…いつしか二人は互いに強い信頼関係を」

京太郎「あ、それナシで」

浩子「なんでや!」

京太郎「だっていつもフナQさんに嫌味を言われてるのに、作品にまで嫌味なキャラクターは出したくないっすよ」

浩子「そんなんしゃーないやろ。アンタがもーちょいええ書き手なら、ウチかてここまでボツを出さずに済むんや」

京太郎「はは、すみませんねヘッポコで。そんな俺がここまで来れたのって、フナQさんのおかげですし」

浩子「これからも嫌味言うやろうけど、ええんか?」

京太郎「いいっすよ別に。俺達いつも、二人三脚でやってきたじゃないですか」

浩子「…うん」


カンッ