緩慢な空気が流れる。

冬の午後。特に何をするわけでもなく、コタツに身を埋め座椅子の背凭れに背中を預ける。

膝の上には玄さんが座る。薄い肩と狭い背中が俺の胸板に密着されている。

2人分の体重に座椅子の間接が軋む。

玄「あったかいね~」

心地よい静寂を破り、不意に玄さんが口を開く。

京太郎「ああ。暖かいな」

機嫌良さげに笑う。それに同調して俺も頷く。

両脇から回した腕の先端、指先に玄さんの繊指が結ばれ胸元に寄せられる。

京太郎「相変わらず玄さんは小さいな」

玄「小さい娘はイヤ?」

京太郎「どうかな。けど収まりはいいかな」

言いつつ俺は顎先を玄さんの頭頂部に載せる。

京太郎「後、顎を載せるのにちょうどいいな」

玄「あはは、なにそれ」


京太郎「なぁ玄さん。クリスマスのことなんだけど」

玄「あ……」

『クリスマス』という単語に、玄さんは目に見えて肩を落とす。

元々小柄な体躯がさらにもう一回り小さく見えた。

玄「ごめんね、その日はシーズンでお客様も多く入るから家の手伝いしなきゃだから……」

逆にこちらが申し訳なくなってくるくらい本当にすまなそうに謝ってくる。

もう一度、口の中で「ごめんね」と繰り返す玄さんの黒髪に鼻先を差し込む。

強く抱き寄せながらその存在をかみ締める。

京太郎「玄さんの実家は人を元気にする優しい商売だ。俺は優しい女性が好きだよ」

肩越し振り返った視線と俺の視線が出会う。嬉しさと誇らしさ、そして小匙一杯分の驚きが混ぜ合わされた瞳。

玄さんの口元が綻ぶ。俺も笑っていた。

玄「ありがとう」

京太郎「いや。……そうだな、じゃあその日は俺も松実館の仕事を手伝おう」

玄「ええ!? そんな悪いよ」

京太郎「いいんだ。俺が玄さんの一緒にいたいんだよ。どんな形であれ、ね」

玄「あうう、そんな風に言われたらなにもいえないよ」

玄さんはわずかに赤くなった頬で苦笑を漏らす。

玄「なんだか世間とは違ったクリスマスのすごし方だね」

京太郎「まぁ、けど俺たちらしくていいんじゃないですか?」

玄「あはは、うん。そうだね」


唐突にカン