憧「…痛い」

憧「…すっごい違和感。鉄の棒が入ってる感じ」

京太郎「大丈夫か、憧?」

憧「うん、初めよりは大分とましよ」

京太郎「そっか」

憧「それより…ごめん。背中、爪たてちゃって」

京太郎「いーよそんぐらい。憧は痛いしきつかったんだしさ。しゃーない」

憧「…ありがと」

京太郎「どういたしまして」

京太郎「…あんまうまくできなかったな」

憧「しょうがないわよ。その、はじめてどうし、だったんだし」

憧「ていうか、これでアンタだけ小慣れてるっていうのも、なんかヤだし」

京太郎「おうおう、じぇらしぃ?」

憧「なっ、だっだれが、……」

京太郎「…憧さーん?どったの?」

憧「…そうかも、しんない」

京太郎「わっつ?」

憧「あたし、きっと嫉妬するんだ」

憧「京太郎が他の女の子と、その、せっくすしてるって言ったら、嫉妬、するんだ」

京太郎「お、おう」


憧「京太郎」

京太郎「は、はいっ!」

憧「やだよ。他の女の子とこういうことしちゃ」

憧「あたし、いやだよぉ…」エグエグ

京太郎「…しねぇよ」

京太郎「俺はお前が一番だから、しない」

憧「…ほんと?」

京太郎「ホント」

憧「ほんとにほんと?」

京太郎「ホントにホント」

憧「ほんとにほんとにほんと?」

京太郎「ホントにホントにホント」

憧「ほんとにほんとにほ「なげぇよ」ふきゅっ?」

京太郎「あーもう。めんどくさいな、お前」

憧「ちょ、ちょっとっ!めんどくさいってなによっ!!」

京太郎「憧」

憧「だからなに」

ちゅ。

憧「よ?」

京太郎「愛してる」

憧「……、……そっか」

憧「私も、あいしてる」


カンッ!