尭深「誠子ちゃんと京太郎くんがデート? いいんじゃない、今度のお休みにでも行ってくれば」

誠子「へ」

尭深「右の耳はこれで終わりだね。頭の向きを変えてくれるかな、淡ちゃん」

淡「やっぱり尭深ママの耳掃除は最高だぜ! うへへ」

誠子「彼氏が他の子と遊びに行くっていうのに、そんなにあっさりオッケーしちゃっていいの?」

尭深「オッケーも何も、止める理由がないじゃない。京太郎くんとも話はついてるんでしょう?」

誠子「えっと、確かにそれはそうなんだけどさ」

淡「尭深ったら、前はあんなにヤキモチ焼きだったのにね。これも正妻の貫禄って奴なのかな?」

尭深「ねえ淡ちゃん。今ならあなたの左耳を好きにできるってこと、忘れてるわけじゃないよね」

淡「すんませんでした」

誠子「ごめんな尭深、私も結構意外だったよ。てっきり泥棒猫呼ばわりされるものだとばっかり」

尭深「いやだなあ、他でもない誠子ちゃんにそんなこと言うはずがないよ。そうだよね淡ちゃん」

淡「え?」

尭深「…………」

淡「そ、そうですよ亦野先輩! 尭深は才色兼備かつ裏表もなく大変懐の広いお方なんだから!」

尭深「そんなに褒めてもらっても買い置きの午後ティーしか出ないよ? あ、大きいの見つけた」

淡「あひんっ」

誠子「一応言っておくけど、私はまだ須賀くんのことが好きなんだぞ。本当にそれでいいのか?」

尭深「誰が京太郎くんのことを想ってても関係ないよ。浮気なんか絶対しないって信じてるから」

誠子「尭深」

尭深「私に愛想を尽かされて困るのは京太郎くんの方でしょう? だったら何も心配いらないよ」

淡「近ごろの京太郎はいつにも増して尭深にベッタリだもんね。なんかイイことでもあったの?」

尭深「さてさて、それはどうでしょう。へへ」

淡「この子ったらまた優しい顔してくれちゃって。そういうところは彼氏とそっくりなんだから」

誠子「なんか毒気を抜かれちゃうよな。こうも二人のラブラブっぷりを見せつけられちゃうとさ」

淡「降参するんだ? 根性ないなあ、亦野先輩」

誠子「うう」

尭深「もしも誠子ちゃんがその気になったのなら、そのときはいつでも受けて立つよ」



尭深「何が起こっても、絶対大丈夫だから」