「ね、京ちゃん……。キス、してくれる?」

咲は潤んだ瞳を向ける。
風が吹くだけで揺れそうな理性が軋む。

「だ、ダメだ」
「どうして?やっぱり、私じゃ……」

目を伏せた咲が言葉を紡ぐ前に、京太郎は強引に言葉を割りこませた。

「違うって。その、キスしたらとまらなくなりそうなんだ」
「とまらなくなる……って?」
「わかるだろ。お前の事をメチャメチャにしちゃいそうなんだ。まずいだろ」

咲は身体をぴくっと震わせ、あちこちに視線をさまよわせる。
そして一度深く瞳を閉じ、ゆっくりと開いた。

「じゃあ、キスして」
「ちょ、ちょっと、お前、人の話を」
「聞いたよ。京ちゃんが私を求めてくれるって」

咲が、ゆっくりと顔を近づけてくる。

「い、いいのかよ?」

自分に言い聞かせるように咲が首を縦に振る。

「それは、私を好きになった京ちゃんが悪いんだよ……」

咲は京太郎の至近距離まで顔を近づけた。

「怖いけど……京ちゃんが抱いてくれたら、信じられる気がする」
「本当に、俺でいいのか?」
「うん。京ちゃんがイヤじゃなきゃ、だけど」

咲は不安げな視線を京太郎に投げる。
京太郎は言葉の代わりに咲の背中に腕をまわし、ぎゅっと抱きしめると、体を半回転させた。

「えっ?」

さっきまで押し倒していた咲が、今は逆に京太郎の腕のなかにいた。

「京ちゃんの身体…とっても温かいね」

咲がそっと目を閉じる。
京太郎は優しく咲の髪を撫で、そっと唇を重ねた。
名前:
コメント: