京太郎「あの、鶴田先輩。白水部長が探してましたよ」

姫子「ぶちょーが?分かった。…あ、きょーたろー!」

京太郎「はい?」

姫子「私ん事ば鶴田先輩って呼ぶとはやめてくれんやろうか?」

京太郎「なんでですか?」

姫子「だってさ、きょーたろーが入部してからもう3ヶ月は経っとるやろう?そいできょーたろーの面倒ば一番見てきたとは間違いなく私やろ?」

京太郎「そうですね、いつもお世話になってます」

姫子「つまりきょーたろーと一番親密か人間は私って事になったいね。そいとに未だに苗字呼びはどげんかなってさ」

京太郎「それは……」

姫子「それは?」

京太郎「俺なんかが鶴田先輩と親しくしちゃっていいのかなって思いまして」

姫子「よかさ。つかなんでそげん思うとね?」

京太郎「鶴田先輩は可愛くて美人だし、優しいし、皆から慕われていますし……言ってしまえば高嶺の花みたいなものなんですよ。そんな人と親しくなんて烏滸がましいんじゃないかって……」

姫子「私がきょーたろーと親しくなりたいって言っても駄目と…?」

京太郎「えっと……それは……」

姫子「私はきょーたろーの事好きやけん、もっと親しくなりたい……って、わああっ!!?今ゆうた事は忘れて!!」

京太郎「えっ…今、好きって…///」

姫子「うぅ~…///」

京太郎「俺も好きです!///」

姫子「……ほんとに?」

京太郎「はい」

姫子「じゃあ付き合ってくれる……?」

京太郎「是非お願いします」

姫子「うん!宜しくね、きょーたろー!」

京太郎「こちらこそ宜しくお願いします。鶴……姫子先輩!」

カンッ