純「~♪」ギュー

京太郎(触れ合いでご機嫌になる純さん可愛い)

純「しっかしなぁ」

京太郎「はい?」

純「オレに男が出来る日が来るとは」シミジミ

京太郎「はぁ…」

純「ぶっちゃけな? 今まで男を…なんだ、恋愛対象にみたことなんてなかったし」

純「漠然と結婚なんざしねーんだろうと思ってたんだよ」

京太郎「へー」

純「可愛いもんは好きだけど、自分がそういう格好すんのとかは苦手だし。背も無駄にでかいしなぁ」

京太郎「俺より高いですもんね」

純「この野郎…さらっと同意しやがって」ムニムニ

京太郎「ふあー」



純「そんなこんなで、半ばっつーかほぼ女として死んでたオレを……」テレッ

京太郎「……」ジー

純「あーもうっ、膜破ってちゃんとした女にした事に感謝してんだよ!!」ギュギュギュッ

京太郎「ちょ、苦し」

純「絶対離さねーから、頼むな旦那♪」



カンッ