きょうたろう「シロねぇ外出ようよぉ」

シロ「ダルイから、パス。」

きょうたろう「えぇ~!きのうは『明日は外に出る』って言ったじゃ~ん。」

シロ「……ちょいタンマ。」

きょうたろう「ゆきが積もってるんだよぅ。おそとにでようよぉ。せめて、おこたから出ようよぉ。」

シロ「……雪だるまでもつくろうか?」

きょうたろう「うん!!」


 ○<" ̄\ 。 o . ゚   。
。 ゚.o |____) 。.゚  
 。ヽ(´・ω・`)/ 。゚    o
。  (::.     )。 ゚.  o

きょうたろう「かんせいッ!!」

シロ「上出来。」

きょうたろう「ファッ!寒くなってきた。」

シロ「それじゃぁ……部屋に戻ろう。」


きょうたろう「て、いた~い。」

シロ「なら一緒にこたつに。」

きょうたろう「ん。」

シロ「これで寒くない」ギュ

きょうたろう「ちょっと、力、つよいよ、ねぇちゃん。」カクン

シロ「……ごめん。そうだ、ちょっと体制変えよう。
   京太郎、向き変えて抱きついて。」

きょうたろう「ん。」

ゴロン。

きょうたろう「Zzz」

シロ「寝ちゃった。けど、これでもうダルくない。」ギュッ

カンッ