小蒔「あの、京太郎さん」

京太郎「ん、どうしました?小蒔さん」

小蒔「少々教えて貰いたい事があるのですが…」

京太郎「俺にですか?霞さんとか巴さんのが物知りな気がしますけど…」

小蒔「実はもう皆に聞いたんですが誰も分からなくて…京太郎さんなら知ってると教えてもらったので」

京太郎「皆が知らないで俺だけが知ってる…そんなのあったっけ?」

小蒔「教えて貰えますか?」

京太郎「いいですよ。俺が教えられることなら教えます」

小蒔「ありがとうございます!えっとですね…」

小蒔「『おなにい』と言う言葉の意味なのですが…」

京太郎「」


小蒔「初美ちゃんの漫画に書いてあったんですが…初美ちゃんも意味を知らなくて…」

京太郎「」

小蒔「どうでしょうか?知っていますか?」

京太郎「あ、あのーお姫様…」

小蒔「はい?あと小蒔でいいですよ?」

京太郎「ついでに聞きますが俺なら知ってるって言ったの誰ですかね…?」

小蒔「春ちゃんが京太郎さんならやったことがあるはずだと…」

京太郎(後で黒糖全部食う。というか全員俺に押し付けて逃げたな…)

小蒔「それで、どういう意味なのでしょうか?」

京太郎「そ、それはですね…」

京太郎(どうする…正しい意味を教えるって手は…)

京太郎『他に自慰や一人Hとも言い女性の場合胸やあそこを触ったりして快感を得る行為の事です』キリッ

京太郎(無理無理無理!そんなこと言えるか!)

京太郎(と、取り敢えず適当に答えておこう!)

京太郎「えっと…気持ちを落ち着かせる行為というか…リラックスする行為というか…」

小蒔「落ち着く…瞑想みたいなものでしょうか?」

京太郎「そう!そんな感じです!」

小蒔「なるほど!どうやってするのでしょうか?」

京太郎「それは…個人よって違うというか…」

小蒔「分かりました!ありがとうございました京太郎さん!では私そろそろお布団に入りますね」

京太郎「う、うん。おやすみ…」

小蒔「はい!おやすみなさい!」

京太郎「…」

京太郎「なんとか誤魔化しきった…」

京太郎「取り敢えず黒糖回収してくるか…」


数日後

霞「京太郎君、ちょっと」

京太郎「どうしまし…ってあれ」

巴「…」

初美「…」

春「…」

京太郎「どうしたんですか?」

巴「さっきまで生放送されてた姫様のインタビュー映像録画したんだけど…見てくれる?」

京太郎「?」

『では神代さん。最後に大会への意気込みをどうぞ!』

小蒔『はい!この前京太郎君におなにいを教えてもらったのでいつもよりリラックスして』『カメラ止めてっ!』

京太郎(口止めすんの完全に忘れてた…)

霞「まあ私達は事情は分かってるけど…」

巴「視聴者は誤解するでしょうね…」

初美「学校への電話すごいでしょうね…」

春「携帯も鳴りっぱなし…」

京太郎「どうしよう…」

春「がんば…」

この後身内の誤解は解けたが外部の人からは白い目で見られたという

カンッ