京太郎「灼さん!おっぱい揉ませて下さい!」

灼「は…?熱でもあるの…?」

京太郎「いえ!至って正常です!」

灼「なら頭がおかしくなった…?」

京太郎「違います!灼のおっぱいが揉みたいんです!」

灼「冗談は止めて…大体、揉む程ないし……そんなに揉みたければ玄にでも頼めば…?」

京太郎「俺は灼さんのおっぱいが揉みたいんです!玄さんのおっぱいなんかどうでもいいんだ!」

灼「だからそもそも揉めないって……」

京太郎「揉めます!揉んでみせます!だから!」

灼「分かった…分かったから……京太郎になら揉まれても……///その、悪くないし……///でも、自慢じゃないけど私のまっ平らだよ…?」

京太郎「だがそれがいい…!!ではお言葉に甘えて…」ふにっ

灼「っ…!!?///」ボンッ

京太郎「だ、大丈夫ですか!?顔真っ赤ですよ!」

灼「だって……恥ずかし…///」

京太郎「…大丈夫です、俺に任せて」

灼「……//」コクン

京太郎「じゃあいきますよ」ふにっふにっ

灼「ん!あぅぅ…///」

京太郎「小さいけど、でもとても柔らかくて……とてもすばらっ!しいおっぱいだと思います」

灼「もう満足した…?///」

京太郎「まだまだですよ。もっと灼さんの恥ずかしがる顔が見たいですし、何よりもっと揉みたいです」

灼「えっと、その……優しく…してね…///」

京太郎「おまかせあれ!」

カンッ